« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の記事

2012年6月30日 (土)

月夜のM27

 毎日そこそこの晴天が続いて寝不足になりそうです。嬉しい悲鳴です。

M27 2012/06/29 23:32~
Astrosib250RC F8.0、 EM500 TEMMA2、 KissDX冷却、ISO1600RAW 480秒×8枚コンポジット、Lodestar offaxsis guide PHDGuiding 1.13.5

M27x8

月夜なのでダークもフラット処理も無し、S.I.6.5で現像、コンポジット、CS4でリサイズ

今日はガイドが旨くいったように思います。

ガイド鏡が2000mmと長いのでCalibration stepは400mmと少なめに、露出は3秒と長め、Min Motion Pixは0.5と大きめにしたのが功を奏したように思えます。

月が沈んだのでアイリスのリベンジをしています。

 










 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

250RCで久しぶりに撮影

 6月、台風の後晴れが続いています。Astrosib250RCとLodestarのオフアキで撮影しました。光軸がずれているし、ガイドが少し甘くて、星を丸く写せません。いつまで経っても試写ばかり。

NGC7023 アイリス星雲 自宅で撮影
2012/06/26 24:32~
Astrosib250RC D250mm F8.0、EM500 TEMMA2、KissDX冷却、Lodestar PHDGuiding 1.13.5、オフアキ、ISO1600RAW、15分、総露出時間150分、S.I.6.5で10枚コンポジット、ダーク、フラット処理、CS4でリサイズ

Iris2de

タイムラプスで分かるとおりかなりの光害を受けていますが、比較的透明度が良かったので光害カットフィルターは使いませんでした。

露出が不足しているので今、追加撮影を始めましたが中心を外してしまいました。

 








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

AT-X116 今日も良く晴れています。

 今日も良く晴れています。月が大きくなってきて残念です。 ジャンクなレンズ Tokina At-X116 PRO DX で会社の周辺を撮りました。 EOS60D ISO100 JPEG FL11mm FV8.0 Tv1/400 

Kaisya

 魚眼では無いので湾曲は有りません。歪曲は風景では分かりませんね、タイルでも撮らないと。

FL11mm Fv8.0 Tv1/4000

Ghost

ゴースト、太陽をフレームの外に出しても近くなら同じように出ました。

FL11mm Fv16 Tv1/125

Road

 

 ジャンクなレンズでも私には十分です。日常撮影にも使えそうです。

Time-Lapse専用レンズにするためにピント固定装置を取り付けよう。

 




| | コメント (4) | トラックバック (0)

Time-Lapse用レンズ

 星景、タイムラプスを撮るための専用レンズを購入しました。
タイムラプス用なら光学性能は明るさ以外には問わないだろうと勝手に想像、ケンコーのジャンクレンズをポチってしまいました。旧型ですが価格comの新品と大して変わらない値段です。

 お品書きには、ジャンク、外観傷あり、包装箱なし、保証書無し(本当になかった)、説明書無しという物でした。

Tokina AT-X PRO DX 11~16mm F2.8 です。

Tokinaatx116

 手にしてみると、箱、説明書はありました。外観の傷はまだ目視できません。ジャンクの理由は光学性能にあるのでしょうか? 設計目標から外れているとか。

 早速、タイムラプス撮影をしてみました。



 初期の目標は達成できました。
私が使う分にはジャンクなレンズも良いレンズです。

 星空観望台から北を向いています。ISO800,F2.8、Tv30秒。それにしても明るい空ですね。

 先日、道院高原キャンプ場で撮ったタイムラプスは失敗しました。AT-X107 F3.5と暗かったので露出不足でした。カメラの液晶ではよく見えたのですが。ヒストグラムの確認が大事なことを痛感致しました。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

梅雨の晴れ間の太陽

 6月26日、今日は真夏を思わせる太陽が照っています。肌が痛いように感じます。 2012/06/26 9:06:03 Pentax65ED FL700 SMⅡ60/BF15 kenko 1.4X EOS60D ISO640RAW Tv1/60 DPPで現像、CS4で疑似カラー処理

_mg_3953color

黒点は少ししか見えないけれど、眼視のプロミネンスが大きく綺麗でした。

 フィルターを弄っていたらこんな写りにしかならなくなりました。フィルターの向きを変える為に、一瞬間外しました。ブロッキングフィルターにダメージを与えたかな。

2012/06/26 9:27:34 ISO200RAW Tv1/60 データも随分違う。

_mg_3971colorr

 
プロミネンスがまるで見えなくなりました。どうなったんだろう?







| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

CDS-600Dの試写 Ⅱ  記事を追加

6月23日
 道院高原キャンプ場で二度目の試写をしてきました。
いろいろとトラブったのでとりあえず一枚画像です。

EF135mmF2L f2.0 CDS-600D UIBARⅢ ISO800RAW 180 240秒 1枚 SP-DX(MTS-3SDI)
恒星時運転(ガイドはしなかった) SI6.5 ダーク、フラット処理 現像 CS4 リサイズ画像変換

Light_240s_800iso_10c_2373stdev_201

処理を追加しました。

2012/06/23 25:38 ~ 240秒露出 13枚コンポジットしました。

撮影ソフトは「BackyardEOS」、CDS-600D内部温度はBackyardEOSが表示する温度で-10℃、外気温15℃、マニュアルでももっと冷えているはずとあります。特筆すべきはCDS-600Dの消費電流、冷却とカメラ同じ12V供給で2.2Aでした。

Ngc7000rgb

 あまり大きな変化は見られませんね、この画像の中の6枚は流れが解る程の画像を、ステライメージのカスタムフィルターで弄くってみましたが、画像がぼやけたようになってしまいました。

 その流れ画像はガイドをしているときの赤緯方向の流れです。途中でガイドを止めたら私の許容範囲に収まりました。

 中心ピクセル等倍

Toubai

 この日、道院高原キャンプ場は湿度がとても高くて90%くらいでした。外気温は15℃。

 20時前に到着してしばらく雲の様子を眺めて居ました。晴れるであろうと思いNJPにε-180EDを搭載して準備を始め、21時頃から雲が流れる中アンタレス周辺を撮影するも、雲でガイド中断、その上、南東から南に掛けての空が赤い、もやーっとした空で、天頂付近も厚い雲が流れてきて、結局一枚も撮らずに撤収してしまいました。

 タイムラプスを撮りながら過ごしていると日付が変わる頃から晴れ上がってきました。急遽、先回失敗したSP-DXのガイド撮影をするべく組み立てました。

 SP-DX(MTS-3SDI)、 CDS600D、 UIBARⅢ、 ガイド鏡 ミードファインダー、LodeStar、PHDGuiding-1.13.5

 今回は自動導入もキャリブレーションも旨くいきました。先回ダメージを負った赤緯側減速ギヤは異音を発しながらも動き続けました。ただ理由はまだ分かりませんが、先述したとおり赤緯側の修正が大きすぎて使えませんでした。

 道院高原キャンプ場はシーズンに入り街灯が明るかったです。ロッジの灯りは邪魔にはなりません。湿度が高かった所為も有りナトリューム灯の灯りが天頂付近でも色付いて見えました。小さいですが沼もあり、夏場にかけてのシーズン中は使えないかもしれません。

 帰りがけの道路は栃尾の町を出た辺りから自宅までずーっと霧の中でした。

Kiri

 







| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

梅雨の晴れ間で Ⅲ

 CDS-600Dの試写している間に、初めてパラパラ動画を撮りました。
SP-DXに四苦八苦していて撮影開始は22時過ぎ、レンズに露が付き始め終了23時頃、たったの一時間です。

KissX3 SIGMA17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 17mm f2.8 kenkoプロソフトンA 露出30秒、インターバル20秒 SiriusComp V.20120217a

Campb

 


SiriusCompで動画も一緒に作成しました。

 

 SiriusComp 初めて使いました。PSCS4でも作ってみましたがコマ間が汚くて見られません。

SiriusCompのインストールで躓いています。XPの一台だけすんなりインストール出来ました。後数台、Win7も試してみましたが、以下のメーッセージがでて失敗しました。

Siriuscomp

.NET Framework4はインストールしました。

パソコンは数台、自作機でハードはバラバラです。インストールに成功したパソコンは一番古くて、唯一シリウスコンプの初期バージョンをインストールしたことがある機体です。

.NET Framework4をもう一度インストールし直してからやり直してみます。


分かりました。インストール出来ないことが!

 ZIPファイルを解凍する際、解凍先フォルダをZIPファイルが置いてあるところと同じフォルダを指定していました。今までずーっとそうしていました。それで不具合には気が付きませんでした。

 それで旨くインストール出来たパソコンのフォルダを見てみたら Application Filesというフォルダがありました。それをインストール出来なかったパソコンにコピーしたらインストール出来ました。

 それでは解凍先を別のフォルダを指定したらちゃんとそのフォルダ(Application Files)が有りました。なーんだ、同じフォルダを指定したことがいけなかったんです。初めて知りました

 当たり前の事だったのかも知れませんが、今後、全ての圧縮ファイルの解凍は別のフォルダにします。






| | コメント (2) | トラックバック (0)

孫の運動会 爺の日

 今日はおじいさんをやってきました。
孫の保育園最後の運動会ということでノルマを消化してきました。星の写真を撮るよりも疲れます。

 価格comを読んでいて、室内の運動を撮影することについていろいろと参考になる意見があり、まず室内と言うことなので明るいことがあげられています。そのことをつくづく感じてきました。「明るいレンズを購入」に繋がってくれればありがたいですが、なかなか理解は得られないでしょうね、奥方には。

EOS60D Sigma18-125mm 85mm f6.3 t1/60 iso1600

_mg_3033

EOS60D Sigma18-125mm 125mm f5.63 t1/160 iso2000_mg_3196

 









| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

梅雨の晴れ間で Ⅱ

 14日の撮影です。サドル付近。
ピントが悪くて絞り開放なので大変汚い写真になりました。

2012/06/14 23:39 ~ ISO800RAW 300秒5枚 BackyardEOS SI6.5 CS4

Photo








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

梅雨の晴れ間で

 6月14日 梅雨の晴れ間で、月が出るまでの数時間CDS-600Dの試写とSP-DXのガイド試験に道院キャンプ場へ行ってきました。

 CDS-600Dには別段問題有りませんでした。
今回はEF135mmF2Lでサソリを撮りたかったこととkissDXとのスケアリングを確認したかったことです。結果はサソリは撮れませんでした。スケアリングはDXで撮る時間を作れませんでした。

 CDS-600DにEF135mmF2Lを着けて撮影をしました。解っては居ましたが、絞りとピント合わせに苦労しました。あらかじめCANONのカメラで合わせておかなかったのでピントは思う様に合わないし、絞りは開放のままでした。

 PHDGuidingの赤緯側、キャリブレーションが不安定で、数回やり直していたら全く動かなくなりました。そのうちSP-DX赤道儀MTS-3SDI仕様ですがまだ数回しか使っていないのに、赤緯モータ側から異音がするようになりました。仕方なくて自動導入は諦めガイドは赤経のみにしました。目標もぱっと見で分かる物。

そんななかで5分一枚のみ、
2012/06/14 24:06:59~ CDS-600D iso800RAW 300秒 -8℃ 外気温14℃ 
EF135mmF2L f2.0開放 50mmファインダーガイド鏡 LodeStar
SI6.5で現像、フラット、ダーク処理

M8m20

 

 昼間は良く晴れたので、翌日勤務を押して出かけました。ところが以外にも透明度は悪くて湿度が高い、あらゆる物が結露しました。
ISO800 F2.0 5分でこんなに真っ白になります。

M8m20_2




 SP-DXの赤緯モータのピニオンギヤの押しネジが緩んでギヤが噛んでしまいました。赤緯側なので問題は起きないと思いますが、多分。

 このギヤの部分はキットとして組んだ形で供給を受けましたので、ウォーム側の平ギヤとクリヤランスの調整をするだけでした。NJPもそうです。赤経側を確認したところしっかりと止まっていてビクともしませんでした。

 この辺り、自分でも確認をするべきでしょうね。

I_2233

 左側のピニオンギヤとアイドルギヤの山が欠けています。それも両肩とも。モータシャフトはD型で回り止めになっています。赤緯体の姿勢によってピニオンギヤが上に行ったり下に行ったり繰り返したようです。ギヤをつまむとスーっと抜けました。シャフトとも遊びが少し大きいように思います。赤経側ならピリオディックエラーの原因の一つにもなります。

 赤緯側でガイド不良の原因にはならないと思いますが、不具合が出るようならK-ASTECさんに相談してギヤを交換して貰います。



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

今日の太陽

 6月13日

 古いビデオカメラで太陽のHα撮影、Registax処理をして見ました。Registaxは全くの山勘、無手勝流です。数回試行錯誤して見ました。

 これがカメラです。モノクロは20年前くらい、カラーは10年位前の物です。

Cam0

Cam1

 まずはいつもの60D
2012/06/13 12:53:59
SMⅡ60/BF15 Pentax65mmED F10.8 EOS60D ISO320RAW Tv1/50 DPPで現像、CS4で疑似カラー処理

Obs_2012_06_13_0395

 上記望遠鏡にテレビュー2.5倍バーロー MINTRONカラービデオカメラ Regstax6 で600枚程スタック カラーのまま。

Capture23color

Capture21color2

加減が解らず縞模様が出た模様

Capture21color

モノクロカメラ

Capture153



 イメージングソース社のカメラが欲しくなります。







| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

一休み

 金星の日面通過で始めたビデオ編集にくたびれて、一休みです。

ちょっと便利な商品を紹介します。その名もずばり「クワガタ」

0

 これ、”ガス抜き” 家で作っています。こんなところでも購入できます。

キャンプ、アウトドア製品でワールドワイドなブランド「スノーピーク」の商品です。

手前味噌ですがなかなかの優れもの、今日、女房が使ってみました。

1:缶の底でも頭部でも良いです。カーリングした所に引っかけて

1

2:下に押しても引き上げてもOK

2

3:ほら、この通り

4

 

 望遠鏡などの商品と比べたら超安い商品ですが、たかが”ガス抜き”としては高額商品でしょうね。「スノーピーク」ブランドが光っています。

 形状のデザインから機能のデザイン、安全のデザイン 全部行い、顧客と商品化、パッケージの打ち合わせ、結構な時間がかかりました。

 どうですか? 遠征撮影から帰って空のガスを整理するとき、1本。

注意 : 商品パッケージを読んでいないのでどういう注意書きが書いてあるか知りません。自分で使ってみて「塗料スプレー缶」で、いくらかでも塗料が残っている場合は手に塗料が着くかもしれませんね。今日はスノーボード用のスプレーワックス缶のガス抜きをしましたが、玄関先の戸外で行いました。コンクリート床に少し落ちました。

 当然ですが処理加工するところは 火気厳禁 です。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

金星日面通過 Ⅲ

 太陽望遠鏡による撮影の失敗はこんなもの。

Obs_2012_06_06_0173

ビデオカメラによる拡大撮影と同じ赤道儀に固定した為に、みごとに写野がずれました。

そのうえ、雲があるのでこんなに真っ赤っか。

Obs_2012_06_06_017510001000


 

 疑似カラー処理もしてみましょう。
2012/06/06 7:26:58 SMⅡ60/BF15 Pentax65mmED F10.8 EOS60D ISO640RAW TV1/60 DPPで現像、CS4で疑似カラー処理、リサイズ

Obs_2012_06_06_017510001000gijicolo

第二接触直前と言うところかな。

エタロンでムラ無く撮るのは難しいです。


 第二接触過ぎ 2102/06/06 7:29:00

260d_0063gijicolor

 疑似カラー処理は毎回、目加減、手加減で同じ色合いにはなりません。もっと定量的な処理が出来れば良いのにと思います。

 まあ、どれも所詮は自己満足ですけれど。








| | コメント (2) | トラックバック (0)

金星日面通過 Ⅱ

 ようやくビデオを短く編集できました。

FS102 kenkoテレプラス1.4× BAADERアストロソーラーフィルター(撮影用) ビデオカメラ:Tele Band MS168N 1/3インチ モノクロCCD 640×480 NTSCコンポジット キャプチャーアダプタ アルファデータAD-VDOUS2 USB2 撮影地 自宅星空観望台 EM500太陽モードで追尾

シンチレーションが悪くて画像が揺れています。それでも見えると思ってみているとブラックドロップ、オレオール現象が見える様な気がする~う! 見えない?


 たったこれだけのビデオの編集をするのに2日も掛かりました。結局フレームの削除にはフリーウェアの MacheteLite を使い、文字入れにはDVDドライブにバンドルのPowerDirectorを使いました。タイトルは最初の数秒間にしたかったのですが解りませんでした。

 PSCS4 EXTENDEDでは長い動画の編集は出来ないのでしょうか?レイヤには500が限度で30fpsでは16秒しか作れませんでした。又、AVI形式では表示しませんでした。

 初めて動画の編集をしてみました。難しいです。分からないことだらけです。
少しずつ勉強します。

 ビデオ編集ソフトの特徴というか、易しさというか、私には何が良いか? まるひさんお勧めの「VideoStudio Pro X5」をダウンロードしてありますがまだインストールしていません。ライティングソフトは複数インストールすると不具合が発生するとか、昔読んだことがあり試用にいたっていません。

 PowerDirector もバンドル製品は制限がありすぎアップデートを促すポップがやたらと出ます。さてどうしよう?

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

金星の日面通過 105年後、リベンジしましょ!

 旬が過ぎてしまうのでとりあえず一枚。
今回も沢山の失敗をしました。

2012/06/06 12:44:51 (時刻はカメラ内部時計ですが直前に合わせたので±1秒くらいでしょう)
SMⅡ60/BF15 Pentax 65mmED f:10.8 ISO200RAW Tv1/50 DPPで現像 CS4で処理

Obs_2012_06_06_0282

 
 2012/06/06 13:38:41 ISO400RAW Tv1/50 以下同じ

Obs_2012_06_06_0287

 まだ見える

2012/06/06 13:47:46 ISO800RAW Tv1/40

Obs_2012_06_06_0373

 

 さらに雲が厚くなって

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

Registax6

 今日初めてRegistax6でビデオ画像を処理してみました。カメラのゴミも黒点も玉石混淆。

まずはSOHOの画像

Mdi_sunspots_1024

 

 古い監視用ビデオカメラです。640×480 NTSCコンポジット信号 AVIで記録

Capture8reg2

Reg1

 

黒点は少なかったですね。

これで金星の日面通過を撮りたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

雲の中の部分月食

 部分月食は雲の中、職分最大を2分過ぎた頃、画像が暗くてピント合わせが良く出来ないまま見切り発車でした。まもなく雲が厚くなってジェ、エンド。

2012/06/04 20:05 FS102 kenko テレプラス1.4X EOS60D ISO800RAW Tv 1/6 DPPで現像
上が北側です。カメラを水平にして見たままの方が良かったかも。

_mg_255520_05

 



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

CDS-600D の月を等倍で

 6月1日に掲載した月と同じ日の撮影です。
処理はDPPでワンクリックホワイトバランスのみ、CS4でトリミングして等倍で乗せました。初めての等倍写真?かな。

2012/5/30 FS102 CDS-600D クリヤーフィルター ISO100RAW Tv1/200

Cdsd600dmoonhi

久しぶりの月の撮影でした。何も処理を加えていませんが、意外と良く写ったので等倍で載せました。kissX5の写りは大変良く、気に入りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

CDS-600Dの試写

 6月1日の夜から再び試写してみました。ピントは相変わらず外しています。周辺が特にひどい、εの光軸が合っていないのだと思います。

 2012/06/01 26:39:02~ 10分一枚 ε-180ED CDS-600D(X5 centralDS改) ISO800RAW UHC-S FF 冷却表示温度-15℃ 外気温+11℃
DPPでクリックホワイトバランスして現像、SI6.5でレベル、トーンカーブ調整、CS4でリサイズ

Abort_light_602s_800iso_15c_1593std

 ダーク、フラット処理無し、周辺減光補正無し。これだけ暗くすると分かりづらいですが、ミラーボックスが無いので当然ですがケラレが有りません

 冷却温度についてマニュアルには7分30秒後に所定の冷却温度に達すると書いてあります。時間は計りませんでしたが筐体の中を冷やすので結構な時間が掛かりそうですが、その他準備時間が掛かるために問題にはならないでしょう。

 温度計は付属して居らずBackyardEOSに表示されます。このソフトの文字が小さくて老眼には辛いです。温度センサーはイメージセンサーには付いていなくて、2mm離れたPCB基板に付いている温度センサーの温度で、実際は室温-34~38℃と書いてあります。


UV/IRcutフィルターがまだ無いのでBAADERのUHC-S眼視用のフィルターを使いました。

Uhcs_graf700

 

 コントロールソフト BackyardEOSの画面です。

Backyardeos1

 

 私の撮影用パソコンは非力です。
フォーカスモードでぴんたんさんのピントエイドが動きませんでした。

 それと一番大きい障害、ステライメージではBackyardEOSが作るCR2ファイルが開けません。

Error

Error3


Error4

 DPPやPSCS5では普通に開き編集できます。どうしてでしょう?


 ピントを合わせられない理由の一つが分かりました。OAG9のガイドカメラホルダーがドローチューブと干渉していました。

Oag9


 CDS-600Dとは数ミリのクリアランスがあるのでガイドカメラの向きは360°何処でも可能です。

Oag92

Cdsd600d

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

彩雲

 休憩が終わって戻ってきた社員が ”虹だよ” と。コンデジ片手に外に出てみると曇り空の一部が色づいていました。もっと大きかったと言います。

 彩雲です。珍しいものでは無いですが、かなり鮮やかに出ていました。私がいつも空を見上げているので社員が報告してくれました。

 太陽は画面の左手上方にありました。

2012/06/01 10:14 CANON-A590 ズーム23.2mm ISO80 JPEG Tv1/1000 Av8.0 CS4でリサイズ

Saiun1

Saiun2

Saiun3

 


 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

CDS-600D で月を撮る

 

暗黒面さんのCDS-600Dで撮った月です。先の記事の60Dと同時に撮りました。

2012/05/30 20:35
FS102 CDS-600D ノーフィルター 冷却温度-9℃(BackyardEOSで表示された温度) ISO100RAW Tv1/200 CS5で現像、カラーバランス処理、トリミング

X5

何故かステライメージではファイルが開けません。落ちてしまいます。

 月の画像では何も比較の対象にはなりませんね。この後εでも撮りましたが雲が多くてガイドが出来ませんでした。その上ピントを外してしまいました。

 カメラのバランスが良くてケラレが出ないことは良いですね。オプションのEOSマウントアダプタもバネが強くて隙間が空きにくく良い感じです。このバヨネットの弱さに依る片ボケは生じないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »