« CDS-600Dの試写 | トップページ | 雲の中の部分月食 »

2012年6月 3日 (日)

CDS-600D の月を等倍で

 6月1日に掲載した月と同じ日の撮影です。
処理はDPPでワンクリックホワイトバランスのみ、CS4でトリミングして等倍で乗せました。初めての等倍写真?かな。

2012/5/30 FS102 CDS-600D クリヤーフィルター ISO100RAW Tv1/200

Cdsd600dmoonhi

久しぶりの月の撮影でした。何も処理を加えていませんが、意外と良く写ったので等倍で載せました。kissX5の写りは大変良く、気に入りました。

|

« CDS-600Dの試写 | トップページ | 雲の中の部分月食 »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

等倍の月は良いですね。CDS-600Dは中身がEOSKissX5
なんですか?CDS-600Dをテスト中ということは、同型を手配とか?
X5の冷却化?でしょうか?
今日は、部分日食ですが、晴れたら撮影をお願いいたします。

投稿: 電球 | 2012年6月 4日 (月) 11時17分

電球さん
 そうです。中身はkissX5です。身ぐるみ剥いで、さらにミラーボックスを取り去り、可動型の液晶パネルも無いです。

 部分月食はどうかな、見るだけかな。晴れれば。今日古い監視用ビデオカメラを繋いで太陽を撮ってみました。CCD表面が曇って居るようだし、ゴミが沢山写って黒点と分けるのが大変。CCDの表面を洗わなくては。640X480は小さいね。今更他の選択肢は無いし。orz

投稿: けんちゃ | 2012年6月 4日 (月) 16時50分

余談ですが、太陽を撮影のCCDカメラ、この前のVixen行きでジャンクの中に、
価格2500円が3台有りました。感度が1.0Luxでしたがカラーです。(当時49800円だったかな?)
45mm~50mm位のキュービック型でしたが、12V動作確認の済んだものでした。
今回の監視用はどんなものでしょうか?

投稿: 電球 | 2012年6月 4日 (月) 17時22分

 20年以上前の、メーカー名未確認の物です。モノクロで感度は0.001Lux位かな、断面積はビクセンの物と同じで長さが120mmくらいあります。今日、ケースを開けてみたらCCD側と出力端子側に3cmX3cmくらいのPCB基板があり、途中は電線で繋いでありました。中身は空っぽ、見せかけです。

 ビクセンのカラーカメラは知っています。太陽や月には良いかも知れません。

投稿: けんちゃ | 2012年6月 4日 (月) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/45518916

この記事へのトラックバック一覧です: CDS-600D の月を等倍で:

« CDS-600Dの試写 | トップページ | 雲の中の部分月食 »