« 薄雲の中の太陽 | トップページ | BAADER AstroSolar™ Safety Film 眼視用 VS 撮影用 追加SMⅡ版 »

2012年5月13日 (日)

金環日食観測地下見

 先週の埼玉方面に続き、福島県会津方面を下見してきました。
もっちゃんに教えて貰いました。

下郷道の駅
 芝生の小山があります。赤道儀設置はは無理そう。

3

2

駐車場から

1

Map

少々狭いです。駐車場に赤道儀を設置することは難しいかもしれません。
天候も良くて、13時頃でしたが大変混んでいました。日食の日はロードレースがあるようでそのような方達が大勢見えました。下見でしょうか。

 

次は羽鳥湖高原道の駅

4

 ここには15時頃着きましたが、人影がまばらです。羽鳥湖、ペンション街も人影が少ないです。やはり放射性物質の影響でしょうか。

 ここの位置はかぐやに依る月のデータを考慮した北限界線の僅かに南に位置します。
駐車場は広く赤道儀の設置は可能と思えます。

1_3

Hatoriko

 
 遅い昼餉です。16時で終了です。500円。

Photo

 

 視野は仰角15°くらいかな、私はベイリービーズ狙いなのでいずれもOK。

天気予報は微妙ですね。まだ6日ありますから。

ちなみに広くは無いですが二俣温泉方面も良かったです。ただトイレが。

|

« 薄雲の中の太陽 | トップページ | BAADER AstroSolar™ Safety Film 眼視用 VS 撮影用 追加SMⅡ版 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

移動先の下見、ご苦労様でした。
道の駅羽鳥湖高原ですか?広い場所ですね。トイレ、食事、広さで
赤道儀が設置できる所と条件が揃ったよさそうな場所ですね。

あとは、お天気でしょうか?当日晴れの確率は、東京63.3%、
大阪50.0%だとの14日での予想です。
絶対!晴れてほしいですね。

投稿: 電球 | 2012年5月14日 (月) 06時54分

電球さん、
 望遠鏡用のソーラーフィルターがまだ完成していないんですよ。先日の撮影はFS102用をガムテープで留めました。国際光器から眼視用ソーラーフィルターを購入しました。写真用と写りがどう違うのか気になります。

 観測地は道の駅羽鳥湖高原にほぼ決定です。ただ天候が心配です。
ここ http://tenki.jp/forecaster/diary/detail-4648.html の予報では雨の区域に入りそう、郡山まで行くかな。

ああ、今日の予報は---晴れ--- でした。分からないね、まだ。
 

投稿: けんちゃ | 2012年5月14日 (月) 08時37分

やはりベイリービーズ狙いでしたか。
私も見たいけど賭けですからね。無難にリングを狙います。
日本気象協会の13日の発表はほぼ全国的に晴れのようです。
期待できるかな~

投稿: まるひ | 2012年5月14日 (月) 12時07分

http://maps.google.co.jp/maps?q=http://sendaiuchukan.jp/event/news/2012eclipse/2012SolarEclipse.KML
この地図で見て、標高の補正をすると丁度良いくらいになりそう。

天気予報に一喜一憂しながら週末を待ちましょう。

投稿: けんちゃ | 2012年5月14日 (月) 12時59分

下見ご苦労様でした。
下郷はよく行きますが、観望という観点で見ていませんでした。
羽鳥は行ったことすらありませんが、今後の撮影に使えそうな気がします。
兎に角、天気次第ですね。
でも、私は会議が・・・。

投稿: もっちゃん | 2012年5月14日 (月) 21時09分

もっちゃんさん、
 お陰様で最近目的を持って行動できていて充実しています。南会津までのドライブを楽しんできました。

 羽鳥湖周辺はレジャー地域なので夜はどのくらい明るいかは気になるところです。日蝕には関係ないですが。下郷は集落から離れているので撮影には良さそうですね、私は南が気に入りました。そのうちに夜の撮影にも行ってみたいです。

 仕事有っての道楽ですので、仕方ないですね。私はもう99%フリーですので、自分の気持ち次第で出られます。会社からは要らないと言われて居るに等しいですね。

投稿: けんちゃ | 2012年5月14日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/45247687

この記事へのトラックバック一覧です: 金環日食観測地下見:

« 薄雲の中の太陽 | トップページ | BAADER AstroSolar™ Safety Film 眼視用 VS 撮影用 追加SMⅡ版 »