« ベールを被ったような太陽でした | トップページ | 桜がいっぱい + 月と金星 »

2012年4月22日 (日)

遠征撮影シミュレーション

 SP-DX(MTS-3SDI+仕様)の機材の持ち物と動作テストをしました。K-ASTEC製レボルビング装置の取り付けとLodeStar + ファインダーガイド鏡、カメラレンズモーターフォーカサー、Theskyでの自動導入など、一連の動作確認と運搬方法を検証しました。

System

電線のまとまりがまだ出来ていませんが、パソコン周りのコネクタなど挿入したまま収納出来るようにし、赤道儀に最小限の接続だけで出来るようにしました。

Bag

 

ガイド鏡とカメラを載せたプレート毎、取り付け、収納するようにしました。

Spdx1

 

カメラレンズのフォーカス用モーターです。コントローラは野村さんのを使います。

Motor


 

 昨夜は通夜でした。同年齢でした。二週間前には同級生を見送りました。儚いですねえ。

 それにしても晴れません、さそりを捕らえる準備は整いました。近場の撮影地は土砂災害の復旧工事の資材置き場になっています。たったいま、ローカルニュースで又、地滑り発生を伝えていました。この撮影地の近くです。上越のようにならなければ良いのですが。

 

|

« ベールを被ったような太陽でした | トップページ | 桜がいっぱい + 月と金星 »

機材」カテゴリの記事

コメント

同級生、他界されたんですね。私の同級生、三条の花火大会が有るのに、
愉快に飲んだ小学校からの友を昨年なくしました。
健康にはお互い気をつけましょうね。

ところで最近、けんちゃさんの機種ごとのパッケージングされた機材が、
理由がわかった気がします。セッティング時間の短縮、作業が暗闇と言う事もあり、
こういうのがベストですね。

しかし、また地すべりですか?怖いですね。

投稿: 電球 | 2012年4月24日 (火) 00時04分

電球さん、
 移動用の機器は固定撮影の共用な物は除いて可能な限り一つのパッケージになるように工夫します。忘れ物防止や、USB-シリアル変換モジュールのCOM番号の変化、ドライバが必要なUSB機器が、「新しい装置が見つかりました。ドライバーを探しています。」のメーッセージが出ないようにするために有効です。特にドライバを探しに行って見つからないときは焦りますからね。それと、設置と撤収時間の短縮もねらいです。

 同級生は寺の住職でした。その寺で、近所の十数人と一緒に数十年来、毎年家内安全、身体健康、商売繁盛、交通安全など、欲張りなお払いを受けてきました。読経のの際、自身の名前を読み上げていなかったかも。肝臓ガンでした。飲酒はしない人だったのに。
 異常を訴えたときは、手術不能なほどで余命一ヶ月を宣告され、本人希望で延命治療は行わない事にしたそうです。潔いことです。...南無阿弥陀仏...

投稿: けんちゃ | 2012年4月24日 (火) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/44982981

この記事へのトラックバック一覧です: 遠征撮影シミュレーション:

« ベールを被ったような太陽でした | トップページ | 桜がいっぱい + 月と金星 »