« カバーを付けました | トップページ | さそり座を撮りたい »

2012年4月 4日 (水)

天体撮影用EOS60Daの発売

 まだ、強風が吹き荒れています。

 キヤノンのサイトで天体撮影専用のEOS60Daが発表されていました。一般撮影には向かないそうです。
 Hα線の透過率が現行品の3倍とか。税込価格:154,800円では高いですね。一般撮影に向かないなら、改造カメラの方が良さそう。

60da_img

http://cweb.canon.jp/newsrelease/2012-04/pr-eos60da.html

 

 一方、セントラルDSの冷却X5、X50も気になります。早く作例を見たいけれど、Galleryが見られない。

Cds600d

|

« カバーを付けました | トップページ | さそり座を撮りたい »

ニュース」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

コメント

まるひさんの影響が大ですね。
CentralDSのカメラも気になるところですが、EOS60DaはCanonが始めたんですね。
基から天体専用ならCanonで良いかな?アフターサービスは期待できそうな気もしますが・・・。
私にはまだ関係ないです。大いに悩んでくださいませ。(笑)

投稿: 電球 | 2012年4月 4日 (水) 11時59分

 純正カメラは高すぎ、それよりもkissX6の発売が決まった模様。

私にはまだ関係ないです。>>ピントも決まってきたし、ガイドが決まればいよいよ、冬場はDN、夏は冷やしカメラの季節。こんなこと言って居られなくなるよ!...ウズウズしてくるよ!

投稿: けんちゃ | 2012年4月 4日 (水) 12時28分

CentralDSのカメラは私も気になりますね。値段も60Daとそう変わらないし。でも60Daの方が安くなるのは間違いないでしょうが。
早くギャラリーがみたいですね。

X6発売が決まったのですか。いったいどんなのか興味津々ですね。

投稿: カムイミンダラ | 2012年4月 4日 (水) 22時03分

けんちゃさんは情報が早いですね。いつも新製品情報はけんちゃさんからです。
これ、エイプリルフールネタではないですよね。キヤノンは20Da
以降アストロカメラを否定していたような。
純正の安心感はありますが、ちょっと割高感がありますね。

投稿: まるひ | 2012年4月 4日 (水) 22時14分

カムイミンダラさん、
 私も友人から聞いたばかりですが、噂もだんだんとはっきりとしてきているようですね。http://blog.livedoor.jp/degicamsample/archives/3446216.html

もうひとつ http://thenewcamera.com/?tag=canon-650d

 モノクロームの冷却CCDを使い切る事が出来れば一番良いのですが、もう時間を掛けたく有りません。シングルショットカラー冷却CCDも今一つ性能が足りないようで、そうするとデジックだのみのCANONが一番、私には良さそうです。

投稿: けんちゃ | 2012年4月 4日 (水) 22時19分

まるひさん、
 私はもう窓際なので一日中パソコンの前に座っています。以前はプログラムでしたが、新しいシステムは外注しているところです。なのでもう暇なんですよ。

 60Daは少々高いと思います。まるひさんの選択が一番安心感があります。電流を聞いてなおさらそう思いますよ。

投稿: けんちゃ | 2012年4月 4日 (水) 22時24分

おはようございます。
60Da、なんで今なんでしょうね?性能もさることながらですが、冷却改造が+6万位で手に入る価格設定、どうなるのでしょうね?
CentralDSのは価格が気になりますね。HPでこれを見たときはここまでやるか???と思いました。作例も気になりますが、価格設定も気になりますね。・・・ってどれも買えないですけどね(爆)。

投稿: ryojin | 2012年4月 5日 (木) 08時15分

ryojinさん、おはようございます。
 60Da、なんで今なんでしょうね?<ほんと?何で今。
キヤノンも市場を見て居るんでしょうから、価格的には疑問です。一般撮影もこなせれば面白いのですがね。

 知人がCentralDSの冷却60Dを買いました。カタログ値の消費電流の多さが気になっていましたが、実測約2.7Aということでこれも気になる、改造600Dはケラレの問題がないのでこれも気になる。まあ欲しいと思う気持ちが有る内はまだ健康だと思っています、年寄りには。

投稿: けんちゃ | 2012年4月 5日 (木) 08時32分

けんちゃさん、おはようございます。
いつもながら情報早いですね。60Daは早速検索してみました。常用ISO6400と言う事は、それなりにチューニングされているか当たりCMOSを使っているということでしょうかね。かなり興味あります。高感度設定の作例が出てくれると良いのですが。この先、直焦点をモノクロCCDからカラーに戻すつもりはないので、あくまで星景・星野に限った使用として考えると速写性と機動力は重要ですね。冷却改造も魅力的ですがバッテリーを持って徒歩はきついです。

投稿: tantan | 2012年4月 5日 (木) 09時57分

tantanさん、おはようございます。
 この60Daの良さは保証が効くことだけではないでしょうか?常用ISO感度6400がどの程度なのか、早く星野撮影の作例を見たいですね、ほんと。
 一般撮影にはお勧めしませんとありますが、マニュアルWBで実用域にはならないのでしょうか? さとうさんが誠報社の改造カメラで実用にされていらっしゃいますが、さとうさんが上手に使いこなしていらっしゃって、私には出来ない事なのかな?

 それにしてもニュースにはなってもそれ自身には興味は薄いです。

>この先、直焦点をモノクロCCDからカラーに戻すつもりはないので、
 これ、いいですねえ...本当にそう思います。デジカメでそこそこ強調出来るようになって、強調すればすればするほどそう思うようなこの頃です。

 星野撮影と、直焦撮影は完全に別物ですね。今、tantanさんやさとうさんのような星野、星景撮影に惹かれています。

投稿: けんちゃ | 2012年4月 5日 (木) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/44747650

この記事へのトラックバック一覧です: 天体撮影用EOS60Daの発売:

« カバーを付けました | トップページ | さそり座を撮りたい »