« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の記事

2012年3月31日 (土)

カバーを付けました

 Lodestarのガイド端子を6極6芯のRJ端子に変更し、USBミニもUSB-B端子にしてカバーを付けました。カバーはDIYの店にあるパイプカバーが丁度良くはまりました。
工作が雑で切り口が大きく空いてしまいゴムシートで隠しています。あとで自己融着テープでぐるぐる巻きにします。

Lodestar

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

SP-DX MTS-3SDI+ 仕様のテスト

 やっとガイドテストが出来ました。今日は朝から快晴、太陽を撮っていました。
午後から雲が広がり始め、ガイドテストを始める頃はほとんど星が見えない状態でした。
MTS-3SDI+の赤経側モータの取付金具に若干の不都合があり、K-ASTECさんから代替品が送られてくる間、何も出来ないのではストレスが溜まるために、モーター側の穴を広げてどうにか取り付けました。

Spdxmts3sdi_3

Spdxmts3sdi_1

Spdxmts3sdi_2



 北極星が見えないため、およそ方向を決めてテストしました。ガイド星は火星、それも雲越しです。

Phd2

Phd

ガイド鏡はMEADの50mmファインダー、LodeStarにPHD1.13.4です。

 写真にはしませんでしたが、極軸が合っていないためにガイドを止めるとどんどんと外れていきます。ガイド星の露出時間もいつもは初期値の1秒か2秒とするのですが修正しなければ成らない量が多すぎて間に合わないので0.5秒にしました。(雲越しで火星は眼視では殆ど見えないのですがそれでもStar saturatedと出ています)

 今回のMTS-3SDI+のコントローラは赤緯側のモータは常時励磁したままのファームウェアです。SP-DXの赤緯側のバックラッシュが大きいために、いくらかでもそれを軽減するための措置です。

 でもSP-DXのバックラッシュの量の殆どはMT-1の減速ギヤに依る物でK-ASTECさんのモータでは殆ど感じません。大変応答が良いので、もしかしたら常時励磁の必要は無かも知れません。消費電流も減らせますし(現在約0.6A).....。たった一回のテストでは分かりませんが。

 極軸が合っていないために赤経側、赤緯側、どちらかに修正が入っても次には反対側が入る状態でした。当然ですが露出時間を0.1秒にすると山の高さが小さく、小気味よく修正してくれます、グラフの上では。撮影出来なかったので結果は分かりませんが、今までの経験では大丈夫でしょう。(当然ですが写野は回転します)

 赤緯側のガイド方向はAUTOで1秒露出では修正が間に合いませんでした。それで南側だけの修正にしました。それでも0.5秒が限界、0.1秒ではAUTOでも大きくオーバーシュートすることもなく修正が出来ました。(それだけ応答が良いと言うことです

 赤経側のAggressivenessは40まで落としました。そうしないとオーバーシュートしました。約20分間ガイドを続けましたがOsc-Indexは0.5を中心に±0.05位を維持していました。ガイド鏡の焦点距離が短いのでMin motionは0.1にしました。

 MTS-3SDI+はNJPにも使っていますが、K-ASTECさんのモーターとの組み合わせも良く大変良いレスポンスを示します。

 後は晴れる日を待つのみ、今年の新潟の冬は長いです。全く晴れてくれません。以前は2月、3月と夜半過ぎは良く晴れたのに。凍み渡りが出来る日がほとんど有りませんでした。

続きを読む "SP-DX MTS-3SDI+ 仕様のテスト"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

29日の太陽

 ようやく晴れました。

2012/03/29 09:19:49 SMⅡ60/BF15 Pentax65mmFL700 kissX3 kenkoX1.4 TV1/40 ISO400RAW

X3_img_0004trim_1

9:23:10 EOS60D TV1/40 ISO200RAW

60_mg_1901

目視の山勘で仕上げているために同じ調子で上がりません。

上のふたつはDPPで現像、CS4で疑似カラー処理、

上のX3の画像をCS4で現像してみました。

X3_img_0004_cs4

SI6で10枚加算しました。シャープになりません。コントラストを強く出来ません。

14s60daddcs4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

C2009P1 ギャラッド彗星

 雲の合間の10分間、かろうじて撮れました。
ε-180ED kissDX冷却 ISO1600RAW 80秒×8枚。雲のカットを抜いたため星像が切れました。

C2009p2x8si

以後、雲が広がってきて、ハイ終わりでした。たった10分間のそれも一部分だけの星空でした。

それでもこうやって画像処理が出来る楽しみを与えて貰いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

昨日、雪囲いを外しました。

 天文に掛かる話題はありません。

ここのところ毎朝積雪があります。今は晴れていて雪も溶けてしまいます。

0321snow_day

今夜は晴れるかな?

Gpv_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

また積雪、そのあと快晴

 今朝は20㎝の積雪がありました。

Sekisetu

もう沢山です、要らないです。

そのあと快晴に成りました。

2012/03/14 13:10:44 SMⅡ60/BF15 Pentax65mm FL700mm EOS60D ISO400RAW TV1/60  1枚画像 ステライメージ6.5で現像、CS4でリサイズ

_mg_1843

今日はシーイングが良かったのか、水蒸気が少なかったのか、今までで一番綺麗に撮れたと思います。

上のカラーをモノクロ化したものをPSCS4で疑似カラー処理しました。

_mg_1843cs4

ステライメージで12枚コンポジット、CS4で疑似カラー処理

Sunx12cs4si_rr


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

金星と木星

木星と金星のツーショット、星を強調するために少しピンぼけにしました。噓です、準備を怠っているため手で支えて露出しました。ピントは星でオート...ピントは合いませんね。

Photo

2012/03/12 18:22:32 EOS60D SIGMA17-50mmF2.8 EX OS HSM 17mm f3.5 TV6s ISO100RAW  CANON DPPで現像、縮小

手で屋根に固定して撮りました。かなりの強風で時折、雪が舞う中青空が広がりました。tが冷たかったあ! 撮影終了後には花粉の影響か、目が痒くなってきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

3月11日の太陽  追加処理しました SI6で38枚モノクロ

ステライメージでモノクロ現像してみました。相変わらずピントが悪いです。古いレンズが悪いのでしょうか。

3月14日、処理画像追加

ステライメージで現像、カラーのまま38枚コンポジット、MBW,MBS モノクロ。マルチバンドウェブレットのかけ過ぎで周辺に、無い模様が出来ました。

Sun38simbwmbsmono

2012/03/11 13:05:18 Pentax65mm fl700mm SMⅡ-60 BF15 EOS60D ISO200 TV1/30

_mg_1737simono

PSCS4で疑似カラー処理

_mg_1737dppcs4

ノートパソコンでコントラストを上げる様、再処理してみました。

_mg_1737dppcs4_2

ステライメージで5枚加算してみました。

Sunsi6x5cs4


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

3月4日の太陽

 今日は朝から晴れています。
今日は孫に太陽を見せました。老眼で観た後に見せるにはピント合わせが難しく、自身でピントを合わせるように教えても難しいようです。一寸でも赤いものが見えると「見えた」と言います。

少し薄雲が広がってきてからの撮影になりました。
Pentax65mm FL700 SM2 EOS60D ISO125 TV1/30 DPP現像、CS4で疑似カラー処理

Sun_1651

なかなか写野の中心で太陽のレベルを平均にすることが難しいです。SMⅡを押しネジのアダプタで取り付けている為、微妙に変化します。

それにしても久しぶりの太陽、愛想が無いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »