« C2009P1 ギャラッド彗星 | トップページ | SP-DX MTS-3SDI+ 仕様のテスト »

2012年3月29日 (木)

29日の太陽

 ようやく晴れました。

2012/03/29 09:19:49 SMⅡ60/BF15 Pentax65mmFL700 kissX3 kenkoX1.4 TV1/40 ISO400RAW

X3_img_0004trim_1

9:23:10 EOS60D TV1/40 ISO200RAW

60_mg_1901

目視の山勘で仕上げているために同じ調子で上がりません。

上のふたつはDPPで現像、CS4で疑似カラー処理、

上のX3の画像をCS4で現像してみました。

X3_img_0004_cs4

SI6で10枚加算しました。シャープになりません。コントラストを強く出来ません。

14s60daddcs4

|

« C2009P1 ギャラッド彗星 | トップページ | SP-DX MTS-3SDI+ 仕様のテスト »

大陽」カテゴリの記事

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

私のガラスメッキフィルターでも、大きいのしか写らないですね。
これより小さいと何だか、色なのか埋もれてしまいますね。
眼の錐状体細胞の影響ですかね?色を見分ける能力がフィルターで、
減衰されて色つき系のフィルターは合せにくいとか??

ウィキペディアで太陽を調べると、今更ながら理科で教わらなかったことが、
一杯出てきますね。(笑)

投稿: 電球 | 2012年3月30日 (金) 11時18分

 おっ、業界用語が出てきましたね!
理由は分かりませんが、金属メッキガラスフィルターは意外と見えにくいようですね。

 太陽について良く勉強していますね、黒点の番号が出てきますが、私は無頓着、写ればよいので。電球さんのアクロマート良く写りますね、やっぱ新しくないといけないのかな?私のレンズは古すぎ。

投稿: けんちゃ | 2012年3月30日 (金) 12時04分

アクロマートレンズは張り合わせてあるわけで、今もバルサム?ってことは無いですよね。
今の張り合わせは、何を使っているんでしょう。
周囲が黒いとわかりませんが、白い紙の上で光学ガラスが黄色みを帯びているわけじゃないですよね。

投稿: 電球 | 2012年3月30日 (金) 13時00分

 EDレンズなのですがガイド鏡として使っていて扱いが悪かったのでしょう、細かい傷が付いていると思います。眼視では良く見えるんですがねえ。

 紙の上に置いてみたことが無いので色は分かりません。今日は外の景色が黄色に見えます。黄砂襲来ですね、それに杉花粉と相まって目が痛くてしようがありません。

投稿: けんちゃ | 2012年3月30日 (金) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/44677145

この記事へのトラックバック一覧です: 29日の太陽:

« C2009P1 ギャラッド彗星 | トップページ | SP-DX MTS-3SDI+ 仕様のテスト »