« 手術の日 | トップページ | ε-180EDの光軸 »

2012年2月 1日 (水)

OAG9をε-180EDに取り付けて見ました。

 タカハシの補正レンズからのバックフォーカス56mmを確保してOAG9を取り付けに当たって、コスモ工房さんから光路長0mmのリングを作って頂きました。

Ring2

指定寸法通り大変良く出来上がりました。

 OAG9の光路長が10.4mmですからEOSには1.6mm足りなくなりました。これはシムを入れることが前提ですのでOKです。

Oag1

 

 カメラを取り付けて見るとEOSマウントのTネジを締め付けたときボディーとの角度が合いません。Tネジに0.2mmほどのシムを入れるか、OAG9に手を入れるか、ただ今考え中。

Oag3

このままでは、Lodestarを取り付けた筒が干渉してバヨネットの回転でボディーを外せませんでした。

Oag4

Oag2

あと、同時に購入したEOSマウントに不満があります。

Oag5

アダプタリングの内径が小さい上に白く光っているのでケラレや無駄な反射が起きそうです。

それでいつ買ったのか分からない「Tネジ-EOSマウント」がありました。

Tring

それからミラー胴の取り付け穴の加工が雑で寸法的にガタガタです。少し工夫をしないとガイドCCDの固定に不安があります。

撮影はとりあえず出来ますが、天候が悪くて何時ファーストライトが出来るやら。

|

« 手術の日 | トップページ | ε-180EDの光軸 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コスモ工房さんには2度ほど訪問して、部品を購入したことがあります。
とても親切で、標準品の個別カスタマイズも受けて頂けますので、困ったときには相談しています。

投稿: もっちゃん | 2012年2月 1日 (水) 21時44分

もっちゃんさん、こんばんは。

 コスモ工房さんはご近所でしょうか?
webで販売を始められた頃から少しずつ購入しています。丁寧な対応で大変助かります。仲間内で高度なNC加工が出来るのですが、加工の中身で選択してお願いしています。

投稿: けんちゃ | 2012年2月 1日 (水) 23時05分

オフアキOAG9は、光路長の加工・計算とか難しそうですね。
でもこのブログ内容でやろうとしている事が見えてきました。
EOSカメラとLoadStarのε180との合焦位置合わせの加工が大変ですね。
天候回復でファーストライトできると良いですね。

投稿: 電球 | 2012年2月 2日 (木) 13時11分

電球さん、今こちらは猛吹雪。会社の隣の棟にも行けません。

 Tネジ側のシムはK-ASTECさんに注文しました。自作しようとも思いましたが、材料費や工具のほうが高く付きそうだし、仕上がりも汚いでしょうからね。

 オフアキ側のピント合わせは簡単だと思います。多分。それよりも機械的強度がないのと、光漏れがありそうなので一工夫が必要です。

投稿: けんちゃ | 2012年2月 2日 (木) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/43950867

この記事へのトラックバック一覧です: OAG9をε-180EDに取り付けて見ました。:

« 手術の日 | トップページ | ε-180EDの光軸 »