« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の記事

2012年2月27日 (月)

2月22日の太陽

 この日から晴れ間がありません。貴重な快晴だったのでスライドルーフを難儀して開けました。

2012/02/22 09:11:33
Pentax65mm f700mm SMⅡ BF15 EOS60D ISO400RAW TV1/40 PSCS4 疑似カラー

Sun_0001


撮って出し

2022sun

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

フラット補正の続き...自分用のメモ

2011/9/24撮影のM31をSI6だけで再処理しました。以前の処理に比べて微恒星の数が増えています。

M31wbsun1

2011/9/24 23:08~ ISO1600RAW 420秒×2枚、600秒×6枚 LPS-P2使用 ε-180ED NJP-MTS-3SDI+ KissDX冷却改造 気温高め

 今回撮影のダークファイル、フラットファイル、フラットダークファイルはカメラ温度-10℃でした。フラットファイルはLEDのトレース台を用いてISOだけを合わせて撮りました。撮影時と温度条件がかなり違いました。

以前の記事はここです。

 星の牧場のこの記事から始まりました。あとT-Fixさんのブログでフラットファイルについていろいろと情報を頂き、かわうさんからは理由を教えて頂きました。

フラットファイルの取得について疑問は解けました。

 これらのことは冷却モノクロCCDをお使いの方には当たり前のことでした。いやデジタル一眼でもステライメージの手順通り行って居れば何も問題は発生しなかったでしょう。

KissDNのときはダーク引き必須でしたから、フラット処理をSIのコマンドでやってもあまり影響は無かったかもしれません。きっと。

KissDXの冷却改造品はノイズが少ない→ダークを引かなくても良いかも...と私が思っていたことから全ては発生していました。

 私の場合、KissDX冷却改造カメラでは

1:ライトフレーム(天体画像)の撮影。

2:ライトフレームと同条件(露出時間、ISO、カメラ温度)で遮光してダークフレームを多数枚撮影し、加算平均したフレームをライトフレーム用ダーク補正ファイルとする。撮影した各ダークフレームは削除する。

3:フラットフレームをライトフレームと同じ機材(同じISO、同じカメラ温度)でライトフレームと似たようなレベルで多数枚撮影する。このときカラーバランスは意識しない。加算平均してフラット補正用ファイルとする。各フラットフレームは削除する。

4:フラットフレームと同条件で遮光してフラットフレーム用のダークフレームを多数枚撮影、加算平均してフラットフレーム用ダーク補正ファイルとする。各ダークフレームは削除する。

5:ステライメージでファイルを開くから撮影画像を選択(コンポジット枚数分)、ダブルクリックで読み込み設定画面が開く。ベイヤー配列をチェックして-OK。枚数分の画像が開く。

6:バッチ-共通ダーク/フラット補正から

上から順に

1:ライトフレーム用ダーク補正ファイルを指定

2:フラット補正用ファイルを指定

3:フラット補正用ファイルのダーク補正ファイルを指定

OK-実行

フラット処理を成功させるにはこの三つのファイルの指定は必須です。

これによってフラットファイルのレベルあわせが不要になります。

バッチ-ホットピクセル除去(マニュアルの記述から、デジカメではクールピクセル除去は不要らしい)

そのあと、設定でワークフローを選択-記録開始しておく。

画像-ベイヤー.RGB変換→変換結果が良ければ→ワークフローに追加→必要と思われる処理をワークフローに追加しておくとバッチで実行できる。

ワークフローを記録終了→バッチ実行で多数枚の現像処理が出来上がる。(ワークフロー機能は便利)

あとはコンポジット(私の場合は常に加算)して適当に画像処理に持ち込む。

私のステライメージの処理は以上の手順で納得のいく処理となりました。

よっちゃんさん、T-Fixさん、かわうさん、有り難うございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

写真展を観てきました

新潟天文研究会の写真展、会場は新潟市のアークプラザ新潟の二階です。

 今年も電球さんと二人で拝見してきました。

Musashi0

電球さんははるばる東京から駆けつけていらっしゃいました。何故か眉が似ていますね。

今回も会場は賑わっていました。地元のTVの取材を受けていました。

Musashi1

Musashi3



一番星さんの大作のひとつです。A1サイズです。

Musashi2

今回、天狼星さんにもお会いできました。
一番星さんには大切な時間を長時間割いて頂きいろいろとお話を伺いました。有り難うございました。

 会場の名称は又の名を「スーパーームサシ」、先達の力作から「やる気」を貰ってきました。蜂のムサシの様に無謀かもしれませんが、今年こそεでの撮影を試写レベルから作品にしたい。

 電球さんも遠路、ご苦労様でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

元の木阿弥

 今朝、また積雪が・・・・・

星空観望台の屋根雪を命がけで下ろしたばかりなのにい~ 30㎝ほど積もりました。
昨夕、やっと除雪車が来たばかりなのに又、数日は来ないでしょう。

ムーミンのできあがり

Car

一寸だけ日差しが~

Yuki

除雪 三種の神器 + 人

Yuki2

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

これで終わってくれないかな!

 昨日の降雪は20㎝、今朝は30㎝。下田、守門方面の空は真っ暗です。

Yuki30cm

 今年、GPVを観ていて気が付いたけれど。

弥彦山、佐渡島の影響が大きいって言うこと。当地が晴れているのに上越、下越は吹雪と言う日が度々ありました。今夜は快晴になりそうです。でも屋根が開かない、雪上での撮影地は探したことがないので残念です。

Yohou

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

The fourth grandchild

 天体の話題がないので...なんとなく天体風なタイトルに

四人目の孫が2月16日に誕生しました。男子です。元気で初見では健康だそうです。

     我が輩はひとである...「名前はまだ無い」 

Non

星空や私の望遠鏡に興味を持つのは何年後かな?
それまで元気で居なければならないね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

20日は抜糸です。

 2月2日に手術して2週間が経ちました。

Yuri1

1週間でバンソコを当てて入浴して良いそうです。一寸痛々しい画像ですが。切創は8㎝位です。

Yuri2

バンソコの跡が痒そう!

 二分脊椎の手術は成功したそうです。ほぼ診断どおりの治療が出来たと医師が仰っていました。手術が遅れた為に下肢の成長に差が観られるようになりました。がその後の障害の発生は少ないでしょうと。

 それだけになおさら麻酔事故に因る低酸素脳症の障害が残念で成りません。

Yuri3

4肢とも運動障害が見受けられます。発育がかなり遅れています。医師の言うことには、顔も含めて右側に麻痺が観られると。

よく笑ってくれるのですが、...しばらくは発育の様子を見守るしか無いそうです。

Yuri4

一歳を過ぎた頃からリハビリに...長い道のりになるでしょう...事故の補償交渉は...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iiyama display

 ポチりました。iiyama ProLite X2377HDS。
観望台で撮影するとき沢山のアプリを開くので画面が小さくて不自由していました。
パネルはIPSもどきらしいですが、まあまあの画面です。カラー調整は出来ないようです。
¥18,000で1920×1080表示できるのですから驚きです。

Iiyama1

画像は6500Kにしました。デフォルトでは少し明るめなのでブライトネスを落としました。

Iiyama2

フラットフレームを撮っているところです。

EOSユーテリティ、DPP、天文我楽苦多工房さんのシャッターコントロール、野村さんのフォーカサー、PHDGuiding、TheSky...これだけは必ず開いています。...かなり楽になりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

掘っても掘っても・・・・・・

 10日の昼です。

Photo

綺麗に掘り出したのですが・・・・ 

12日の昼です。もう~

Car

 掘っても掘っても~ずんずん埋まる~♪

毎日掘り出しています。

Car0

Car2

 

中越地方は今日、一日青空が広がりました。

Sky

でもまた大雪の予報が・・・・開かない障子戸が出てきました。大屋根に上がらないとだめかもしれません。スライドルーフは全くだめ。

Roof

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

これしきの雪で

 いやあー、くたびれました。これしきの雪で言うのは豪雪地域の方達には申し訳ないですが。

Photo

風下の屋根なので吹きだまりになっています。1.5m位有りました。

Photo_2

下層の雪、60㎝位はザラメ雪で非常に重いです。一晩で50㎝くらいの積雪がありました。
金曜日に掛けて大雪の予報が出ているので雪下ろしをしました。
昨夜、車を掘り出したばかりなのにもういけません。車は今日はパス。

観望台の屋根の両側に80㎝くらいの積雪で、もう暫くは出来ないと観念しました。大屋根までは登りたくないので。

Photo_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

11月27日撮影の再処理です。

 背景が緑っぽかったのでカラーバランスを取り直し、縦位置にしました。

Firebatou10av

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

おととしのM42を再処理

 

2010年12月に自宅で撮ったM42を再処理してみました。当時はダークを引いて居ませんでした。
今回、最近撮ったダークフレームでダーク減算、LEDトレース台を使いフラットを撮影、フラットダークも減算して、SI6で処理してみました。
ほとんど全てのフレームに人工衛星が映っていて比較暗だけでは取り切れませんでした。

でも自分には十分なレベルで出来たと思います。ダーク減算がフラット合わせに重要だと言うことが改めて分かりました。

M42600s60s2ps

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

OAG9 ε-180EDで使う目途が立ちました

OAG9のTネジ締め付け角度調整用にK-ASTECさんからシムを購入しました。

T

0.05+0.2mmのシムで丁度カメラの真下に固定できました。

Eos60d

タカハシのEOSアダプタの寸法にあと1.2mm程足りませんが、これは自作しました。板厚が厚いので簡単です。

M54

0.7+0.5mmを入れました。

Eos60d2

OAG9付属のEOS-Tアダプタ、仕様が分かりました。

ネジマウントの琢磨レンズ、絞りピンを押すためだったのですね。

Tring2

Tring3

あとは晴れる日を待つばかりです。今日は暖かくてかなり積雪も少なくなりましたが、まだ次の寒気が控えているようです。水曜日から大雪の予報が。

Yuki


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

今年もやる気を貰います

 新天研の写真展の時期が来ました。
今年もやる気を貰いに観覧に参ります。

Syasinnten

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ε-180EDの光軸

 光軸をプチ調整しました。

去年の11月に撮ったオリオン座のアルニタクです。

Kojiku

 これらを撮っているときはそこそこ四隅でもピントが合っているなと思っていましたが、
スパイダーの回折光とその陰が一致していません。今年になってから僅かの晴れ間に高倍率のアイピースで眼視したら、案の定ジフラクションリングに偏りがありました。

 そこで眼視しながら主鏡のネジ一本、角度にして45°位回転して、ジフラクションリングがほぼ同心円になりました。が、撮影してみると画面で左右の星像が形が反転して仕舞いました。我慢出来ないほどひどい物でした。

Koujiku2

 ピントが合っていませんが右側は横長、左側は縦長になりました。

 レーザーで確認してみました。ずれた映像は撮影しませんでしたがドローチューブに戻った光線は中心から5mm位ずれています。主鏡に向かった光線も中心から数ミリずれ、ドローチューブを回転すると、数ミリの直径で回転しました。

 ドローチューブは何回も分解しているので又分解、調整しました。ピニオンギヤを支点にして少しお辞儀をします。それを回転すると光線が円弧を描くのでドローチューブの押しネジを調整して回転しないように固定しました。

Laz2

Laz1

F値が小さい上にドローチューブの径に対して押さえネジのピッチが狭いのでごく僅かでも光軸が狂います。ピニオンギヤを取り付けたままでは上手く調整できませんでした。バックラッシュを少なくするためにいくらかの圧力を掛けて止めているためです。

この調整をしている内にラックギヤの留めネジが緩んでしまいました。私の個体は最初からドローチューブの鏡筒取付ネジが一本がたがたに緩んでいたり、一度の遠征で斜鏡が回転したりと、初期状態では性能を発揮できませんでした。

戻り光線は発射口に入ります。周辺の黒い円は主鏡のセンターマークの影です。

Laz3

仕上げはこれで目視調整します。

Laz5

Laz6

CHESIREタイプと言うようです。十数年昔、国際光器から買いました。

カメラで除くとこんなに見えます。

Laz4_2

まだ星で確認していませんが少なくても今回弄った以前の状態までには戻ります。

イプシロンの光軸調整もかなり慣れてきました。が、まだ完全になったことはありません。
あと微調整は斜鏡の僅かな回転と、主鏡光軸に対しての前後、この前後がとっても難しいです。老眼で斜鏡センターマークが見えにくいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

OAG9をε-180EDに取り付けて見ました。

 タカハシの補正レンズからのバックフォーカス56mmを確保してOAG9を取り付けに当たって、コスモ工房さんから光路長0mmのリングを作って頂きました。

Ring2

指定寸法通り大変良く出来上がりました。

 OAG9の光路長が10.4mmですからEOSには1.6mm足りなくなりました。これはシムを入れることが前提ですのでOKです。

Oag1

 

 カメラを取り付けて見るとEOSマウントのTネジを締め付けたときボディーとの角度が合いません。Tネジに0.2mmほどのシムを入れるか、OAG9に手を入れるか、ただ今考え中。

Oag3

このままでは、Lodestarを取り付けた筒が干渉してバヨネットの回転でボディーを外せませんでした。

Oag4

Oag2

あと、同時に購入したEOSマウントに不満があります。

Oag5

アダプタリングの内径が小さい上に白く光っているのでケラレや無駄な反射が起きそうです。

それでいつ買ったのか分からない「Tネジ-EOSマウント」がありました。

Tring

それからミラー胴の取り付け穴の加工が雑で寸法的にガタガタです。少し工夫をしないとガイドCCDの固定に不安があります。

撮影はとりあえず出来ますが、天候が悪くて何時ファーストライトが出来るやら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

手術の日

 友理ちゃんの手術の日が来ました。2月2日 08:30~ およそ4時間の予定です。
MRI検査のための全身麻酔に因る事故酔から数回のMRI検査を受けました。その際の麻はシロップによる経口麻酔でした。初回もそうだったのに!なんで二回目が点滴だった...たられば...は有りません。脳の障害部位はどうなった?...外見では運動機能が戻っていない。

 手術に先だってインフォームドコンセントがA4用紙で5枚、そのうちの手術概要です。

Consent

いろいろと記入されていますが素人には理解しました。と、書いても理解なんて出来ていないんだよね!説明を聞きました。だけなんだよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »