« 今年最後の撮影 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2011年12月31日 (土)

MTS-3SDI+ for SP-DX

 MTS-3SDI+ のSP-DX用をK-ASTECさんから購入しました。先にNJP用を採用してから使い勝手が大変良いので、これの発売を待ち望んでいました。

 12月20日過ぎに届いておりましたが、天候が悪い上に忙しくて今日、ようやく取り付けて動作の確認をしました。

Mts3sdispdx

 このモータードライブは赤緯側の応答特性を良くするために常時電流を流し続ける様にファームウェアを書き換えたドライバーです。消費電流は約0.6アンペアでした。

Iaev

アナログメータなので瞬間電流は分かりませんが、高速導入時も、PHDGuidingで補正が入るときもほとんど変化しませんでした。

 TheSkyで自動導入

Thesky

RS232C-USB変換は秋月電子のアダプタ(Prolific-PL2303)を使いました。

兄貴分と一緒にスナップしました。左側はNJP用、右がSP-DX用です。

Mts3front_2

NJP用コントローラのTE,TW切り替えはDIPSWで切り替えます。

右側面

Mts3rs

左側面

Mts3lsSP-DX用のコントローラにはテレスコープイースト、ウェストの切り替えスイッチ(見にくいですが左側面の上側)が増設されています。方向が目視しやすく便利ですね。

それからAUTOGUIDE用端子と自動導入用のRS232Cケーブルがモータケーブルと一緒のコネクタから取り出されていて、先端に端子も付いています。したがってST4準拠のガイド端子であれば何も加工しなくても電源さえ接続すれば即、運転できます。

こちらはNJP用でコントローラの背中にRS232C-USB変換モジュール(FTDI)とAUTOGUIDE用にRJ14端子を自分で増設しています。

Mtsnjpls

 まだ夜間、星の追尾や自動導入は試せていませんが、気温0℃の環境で各軸の動作は大変重い状態でしたが、500倍速での自動導入で全く脱調は起きなくて大変スムースに回転しました。

 今日は手動が固かったのでウォームギャの調整をしなければならないかなと思いましたが、しなくてもスムースに回ったので手間が省けました。

 早く星空の下で撮影をして見たいです。

|

« 今年最後の撮影 | トップページ | あけましておめでとうございます »

機材」カテゴリの記事

コメント

これがクリスマスプレゼントでしたか?
MTS-3SDI+ for SP-DX コントローラーはNJPと同じように使えるのでしょうか?
自動導入がとっても便利そうですね。
私も持っているSS3Dを生かせるように、ガイドをスタートさせたいですね。
私は、道具の製作より実践も頑張らないといけませんね。500倍速導入は頼もしいですね。
あと45分で2012年がスタートします。
今、初日の出は見られない、撮影には向かない曇り空です。

投稿: 電球 | 2011年12月31日 (土) 23時17分

電球さん、
 ロケットの打ち上げなら、もうカウントダウンですね。
初日の出は東北、北海道の太平洋側の一部だけのようですね。安心して眠られるのではないでしょうか。

 MTS-3SDI+ はNJPもDXもどちらでも使えるのです。私の場合ディスプレィを買っていないので、パソコンからパラメータの書き込みをする必要があります。それ自身は難しくはないのですが、煩わしいので専用にしました。

 電球さんもいいところまで来たので今度こそガイドに挑戦して下さい。

 あと20分、来年も宜しく。

投稿: けんちゃ | 2011年12月31日 (土) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/43575079

この記事へのトラックバック一覧です: MTS-3SDI+ for SP-DX:

« 今年最後の撮影 | トップページ | あけましておめでとうございます »