« 雲の上の銀河 | トップページ | 9月3日の太陽 再処理 »

2011年10月 8日 (土)

初めてのデジ一の太陽

 kissX3の直焦点で撮ってみました。ピント合わせが難しいです。それに露出もどのくらいが適当なのか全く分からず、カメラのモニタ画面で良さそうな頃合いで撮りました。結果、露出オーバーのようです。
 今日はプロミネンスも黒点も少なく寂しいです。眼視ではもっとプロミネンスが見えていました。

 又、初めてプロミネンスと光球面をレイヤで重ねました。明日になるともう忘れて出来ないかもしれません。

2011/10/08 13:39:56 自宅にて
SMⅡ60、BF15、PENTAX65ED F700mm、KissX3、ISO100  JPEG TV1/40 一枚画像

Sun

CANON A590  ISO80 JPEG Tv 1/1250 Av 4.0  ハイペリオンズーム24mm コリメート

2011/10/07 12:59:25  露出不足でした。 カラーそのまま。

Img_1676

PSCS4で光球面とプロミネンスを分けて処理しました。露出が足りないのでプロミネンスは全く見えない。Hαの感度もどうかな。

Img_1676a590

|

« 雲の上の銀河 | トップページ | 9月3日の太陽 再処理 »

大陽」カテゴリの記事

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

いいですね。黒点が入らなかったのはさびしいですが、こう云う時にTvでシャッターを切るんですね。
私の月は、Avでやったことが間違いでしたから、全く露出オーバーです。
M以外の撮影方法も覚えないといけませんね。
TC-200だと銀カメ時代の代物ですから完全マニュアルのテレコンです。
連動しないからMで絞りとシャッター決めないと上手く行かないみたいです。(汗)

投稿: 電球 | 2011年10月 8日 (土) 18時36分

電球さん
 これは望遠鏡なので絞りがありません。露出の調整はシャッタースピードと露出補正とISOしかありません。

 CANONのレンズはAUTOが利かないで絞るとき、ボディーにつけて絞りを調整してからそのままいきなりレンズを外すとか、読んだことがあります。ニコンのレンズはどうなのでしょうね?
 いずれにしても絞りが利かないのですからAVは無いでしょう。

投稿: けんちゃ | 2011年10月 8日 (土) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/42360380

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのデジ一の太陽:

« 雲の上の銀河 | トップページ | 9月3日の太陽 再処理 »