« 気持ちを反らすために | トップページ | タイムリー »

2011年9月19日 (月)

ブルーコールから一週間

あれから7日経ちました。

Mri

素人が見ても解りません。

笑うまで回復してきました。

Photo_5

少しばかり安堵しました。

まだ、気管挿入の影響で笑い声がでません。



|

« 気持ちを反らすために | トップページ | タイムリー »

体、医療」カテゴリの記事

コメント

友理ちゃんが快方に向かっているようで、良かったです。
この素敵な笑顔に、こちらの顔もほころんできます。
罪の無いこの子が、なぜこんな目にと思うと腹立たしくも
ありますが、次は笑い声が聞きたくなりますね。

MRI画像は素人の私にもやはり判りません。(笑)

投稿: 電球 | 2011年9月20日 (火) 00時26分

電球さん、コメント有り難うございます。
 元に戻りつつあるようで嬉しいです。ただ、これの影響で本来の手術が延期されます。早い手術の方が障害の発生が少なくて済むという理由でリスクを冒して決断したことが無になります。

 最近の医学界でこの8月、幼児のMRI検査の為の全身麻酔の危険性とその標準の指針がやっと報告されたようです。500位のサンプルで2割くらいに事故、最悪数例で心肺停止が起こっているそうです。その例に入ってしまいました。

投稿: けんちゃ | 2011年9月20日 (火) 12時39分

幼児の全身麻酔の500例に2割は事故と聞いたら、驚きますね。

私の現場でも、昔多かった白内障術後の分厚いメガネ見なくなりましたし、未熟児性遠視のメガネもなくなりましたね。
1歳児に遠視のメガネを納めた方のお母さんがこの前いらして、視力が出て近視になった為、現在メガネ無しで生活しているそうです。(現在23歳に)
変わりに、妹さんが近視のメガネを造ることになりました。(驚)

23年ぶりのご来店は、この仕事していて励みになりますね。事故は怖いですが、1年毎に医学の進歩もあります。急がなくても、情報を集めて最善の方法を模索される事をお願いします。
ともかく良かった、良かったです。(嬉)

投稿: 電球 | 2011年9月20日 (火) 15時07分

希望のもてるようなコメント、有り難うございます。
私が看ていられる限り経過を記録しようと思います。事故も、疾病も長い時間経過で変化しますので。

投稿: けんちゃ | 2011年9月20日 (火) 15時18分

いやー、心配しましたが、素敵な笑顔、ほっとしました。よかったです。
ずいぶんご心配したことだと思います。次は、元気な笑い声ですね。さらなる回復をお祈りしています。

投稿: 一番星 | 2011年9月20日 (火) 21時27分

一番星さん、コメント有り難うございます。
 まだまだ遠くですが光明が見えてきました。明日は脳波の検査をするそうです。又、近いうちにMRIもするらしいです。親(娘)が対応していますが、麻酔については医師と十分に話し合う様に、と言い聞かせていますが、その場では素人がなかなか質問できない雰囲気なのでしょう。場合によっては出て行かないと。ただ、あまりきつく詰問すると警戒されて今後の治療にも影響すると、WEBにあります。難しいですね、人の命なのに。

 30年くらい前に女房が結節性紅斑で入院したとき、ほとんど説明が無く、サンプルを切り取り、その傷が治ったら退院してきたことがありました。まだインターン時代でしたから、大勢の学生を連れてきて話をしていることが主でした。
不信感を募らせた時間でした。

投稿: けんちゃ | 2011年9月20日 (火) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/41838598

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーコールから一週間:

« 気持ちを反らすために | トップページ | タイムリー »