« 飛行機 → ISS .... 失敗の時計写真を追加しました。 | トップページ | ピクセル等倍のM57 »

2011年6月22日 (水)

ミード ファインダーガイド鏡の続き

 対物レンズのコバ塗りをして、レンズ押さえも緩くしましたが、少ししか改善しませんでした。対物レンズを回転させると光条も回転するのでレンズの不良ですね、この製品のファインダーだからこんな物なのでしょう。

三角形に見えます。

Vega_forcus

 ピントを外すと

Vega_deforcus

 明るいと光条が目立ちます。これはダークを取っています。

1_2

 薄雲があり、暗くなると丸く見えます。Qcamのドライバーの所為でしょうか、マニュアル露出を選んでも明るい星が有ると背景が黒くなり6等星も見えにくくなりました。

12

 

安定してガイドに使えるのは5等星までのようです。ピントがとても敏感です。やはり、もっと良いレンズが必要になるかもしれません。

 

|

« 飛行機 → ISS .... 失敗の時計写真を追加しました。 | トップページ | ピクセル等倍のM57 »

工作」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

コメント

対物レンズの取り付けはこの前のドライバー締め付けでしょうが、
レンズ取り付け枠ごと点光源で光軸変えて流れるか、
丸くなるか試されたらいかがでしょう。
取り付け枠自体は外せませんか?

投稿: DNQ | 2011年6月23日 (木) 00時37分

 対物レンズセルはフードと一体型です。押さえネジを緩めてレンズが動く位にしても同じでした。レンズのコバ部分にバルサムガが盛り上がるほど付いていました。レンズの不良、接着不良でしょう。もうこれで良いことにします。

投稿: けんちゃ | 2011年6月23日 (木) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/40498796

この記事へのトラックバック一覧です: ミード ファインダーガイド鏡の続き:

« 飛行機 → ISS .... 失敗の時計写真を追加しました。 | トップページ | ピクセル等倍のM57 »