« Hα13nmの薔薇 | トップページ | heart nebula.jpg »

2010年12月 2日 (木)

月の無い夜のHα

 今夜は透明度が悪いが月のない薔薇星雲のHα画像を撮ってみました。
Astronomik Hα(13nm)では月の影響が大変大きいことを実感しました。

Image1_3

2010/12/02 00:11 20分一枚

Obs_0051r

せめて7nmのフィルターが欲しい。εと135mmF2.0のカメラレンズの両方に使えるフィルターはFFしかない。F値の制限はどんな様に表れるのでしょう?又、現在のフィルターにはそのような制限は無いのか?...


この前に撮影したハート星雲

データは同じで、周囲の光害が時刻とともに少なくなっていくのが分かります。

一枚目は19:59からISO1600RAWで20分、最後は22:24から20分。

Image2

Image3_2


20分×5枚、SI6で処理

Rosettax5r



 


|

« Hα13nmの薔薇 | トップページ | heart nebula.jpg »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

先日お話したAstronomik 6nmですが、Keilibraさんが購入されていました。
FSQでは問題なくすばらしい写りをしているようですが、F2.8やF2.0ではどうなのでしょうね?
ちょっとハロは大きいみたいですね。
ttp://blogs.yahoo.co.jp/keilibra241002/26676369.html

投稿: T-Fix | 2010年12月 3日 (金) 16時13分

T-Fixさん
 いろいろと情報を有り難うございます。
今、Keilibraさんのサイトを拝見いたしました。

 大変良い写りですね。ハロはバーダーのフィルターの方が少ないようですね。干渉フィルターと光線の入射角について「○○でも良く分かる講座」は無いでしょうかね?

 13nmの場合に縛りはどの位か分かりませんが、私の場合これで良しとしたいところですが、バーダーの7nmや、「デジカメには35nmがよく似合う」...太宰...とあるように35nmも気になります。欲張りですねー。使いこなせないのに。

投稿: けんちゃ | 2010年12月 3日 (金) 16時42分

けんちゃさん、こんにちは。
昨日と打って変わってひどい天気ですね。

このバラ星雲良いですね。
滑らかで細かな構造まではっきり分かります。
バラ星雲とは言いますが、これだけきっちり写っていると、別に赤くなくても良いような気がします。もともと眼視では赤く見えないですしね。

投稿: tantan | 2010年12月 3日 (金) 17時03分

tantanさん
 コメント有り難うございます。
かなり良く写っているように思います。でも今日アップされたk-astecさんのバラを見たとき、デジカメの限界かなと思いました。

 良く写っているモノクロームの写真もいいですね。T-Fixさんの作品を拝見してますます撮ってみたくなりました。最近TVで見た「小島一郎」の写真も気に入りました。印画紙に多い焼きを駆使している様子を見ているとデジタルと同じ事をしているなあと。

 干渉フィルターと光線の入射角についてwebで見ましたら沢山有りますね。理解はできないけれど、そうなんだと思えました。

投稿: けんちゃ | 2010年12月 3日 (金) 17時19分

13nmと7nmとHαフィルターの特性で違いが出てくるんですね。
確か私のヤフオク入手のは52mmでしたから周辺光量が減光されてしまいます。
初心者にはチンプンカンプンですが、鏡筒とカメラボディーの間に装着するんでしょうか?
カメラレンズのフィルター側だと口径が大きくなりますから、きっとカメラアダプターとボディーの間なんですね。

投稿: DNQ | 2010年12月 4日 (土) 16時21分

DNQさん
 はい、フィルターは望遠鏡とカメラの間に入れています。それでカメラレンズの際にも利用できるようにと、ボディの中に入れるフィルターが用意されていますが、沢山の種類がなくて一般に高額ですね。

 私の今のフィルターは48mmです。フィルター枠付きのいわゆる2インチサイズです。望遠鏡のカメラマウントの中にねじ込んでいます。

 DPP、動きましたか?

投稿: けんちゃ | 2010年12月 4日 (土) 21時19分

こんばんは。
Hαフィルター、すばらしい写りです。質が悪いとハローが出て恒星周りが見苦しいのがありますが、このフィルターはよさそうですね。20分でもピークがこの程度なら、倍の40分露出も可能じゃないでしょうか。きっと、時間をかけた方が2枚コンポジットよりいい写りなんじゃないかなぁ~と思います。
けんちゃさんに見習って、ブログ始めました。写真が1つの記事にたくさん貼れるようなっているのがいいですね。簡単だ!
http://itibanbosi.asablo.jp/blog/

投稿: 一番星 | 2010年12月 4日 (土) 23時16分

一番星さん
 コメント有り難うございます。
そうですね、月が無いときはもう少し露出できそうです。でもねえ、月が無いときはやっぱり色を付けたい。月夜は5~7nm、それもK-astecさんのを見たとき、モノクロではデジカメの限界を感じました。

 ブログを早速見て参りました。後でコメントを入れさせて下さい。みなとても良く処理されていて綺麗ですね。

 今、ハート星雲を二枚マージ使用としているのですが、どうしても重ねてくれません。マージするには何か条件が有ったのでしょうか? 以前240のときは何もしなくても隙間だらけでマージしてくれました。風景でも。

投稿: けんちゃ | 2010年12月 4日 (土) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/37922906

この記事へのトラックバック一覧です: 月の無い夜のHα:

« Hα13nmの薔薇 | トップページ | heart nebula.jpg »