« 黄砂に負けました M42、M43 | トップページ | 年末年始は忙しい »

2010年12月12日 (日)

光害カブリに負けたM42、M43とM45....光害と人工衛星を退治しました。

 12月10日、金曜日は天体撮影には絶好の日和になりました。月は無いし、朝まで晴れが保証された天気図。でも体力、気力が落ちている私には遠征撮影をする決心が付かないまま、自宅で撮影を始めました。
 オートガイドで赤緯軸のガイドを止めるべく極軸を3時間掛けて合わせ直し、撮影を始めたのは23時頃。スバルを撮って、オリオン星雲、出来ればsh2-240も。
欲張ったらそれぞれ撮影始めの時刻が遅くなり皆、天頂直前になりました。市街地の光害は天頂にまで達しています。東側は直近のコンビニの照明が被ります。それでも透明度の良さで少しは救われました。

ε-180ED、kissDX冷却改造、ISO800RAW、ノーフィルター、420秒

M43lebel


ISO800RAW、420秒3枚、300秒4枚、180秒2枚、90秒2枚、60秒2枚、15秒4枚
SI6、デジタル現像、トーンカーブ、レベル調整

M43dp2

 赤いもやもやを表現したくて強調処理をしました。カブリばかりが出てきてもやもやは描出出来ませんでした。もう一回フラットを取り直し、カブリも補正してみます。

 追加 12月15日 SI6でフラット処理と比較暗を使って処理してみました。

T-Fixに伺った比較暗の処理、人工衛星と相手の背景レベルが逆転した物があって残った物があります。やはり7分露出では赤いうねうねは描出出来ませんでした。処方箋は暗い空が一番。あたりまえです。

M42comp


よこしまな考えでCS5で塗り絵をしてみました。初めて使ったクイックマスクで赤いい色を塗り、背景を明るくしました。みごとにしましまが出ています。同じISO感度のフラット処理をしたのですが。

M42_rgb

 

やはり自宅ではεでカラーは無理っぽいです。250RCの方が処理がらくです。

 つづいてM45

ISO800RAW、5分12枚、SI6でデジタル現像、トーンカーブ、レベル調整のみ。

M4512dp

 

これは2008年11月1日 大平峠で撮ったものです。カメラはkissDN IR改造、非冷却です。さすがにカブリは全く感じられません。画像処理も多分、今よりは下手だったはず、空がよいと処理が楽ですね。

M4520081101


スライディングルーフ内です。EOS60D、ISO3200RAW、10秒、Sigma10-17fisheye、17mmf4.0

いろいろ灯りが付いて明るいですね、室内を撮影してみてその明るさを認識しました。

At_roof

 


|

« 黄砂に負けました M42、M43 | トップページ | 年末年始は忙しい »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

こちらは、朝から雨模様です。しし座流星群のピークも明日なのに天候がすぐれません。
M43の露出を変えたコンポジット画像は、良いですね。
私も、トラブルが無かったら撮影できたはずだったのですが・・・。

M45も背景色のニュートラルグレーが僅かに違いは有りますが、周りのガスが綺麗です。
光害の影響もトータル60分コンポジットだと画面では感じませんね。

投稿: DNQ  | 2010年12月13日 (月) 14時51分

 DNQさん、コメント有り難うございます。
流星群のピークは残念な天候ですね。

 今回の撮影は透明度が良かったので光害カットフィルターを入れずに撮りました。これで駄目なことが分かりました。ディスプレーの明るさが暗めですと分かりにくいかも知れませんが、写真の右側が緑色に成っています。強調しなければ良いのですが淡い部分を描出したくて荒れを我慢できる範囲で強調しました。

 下のスバルはお手元のkissDN、ノーフィルターで撮った物です。その時は外気温12度でした。ダークは引いてありますが、ノイズは殆ど感じません。良い場所で撮ればその位に写ります。挑戦してみてください。

投稿: けんちゃ | 2010年12月13日 (月) 15時13分

こんばんは。
いつもけんちゃさんの写真を見ると、アップのすごさにしびれます。光害地といえども、かなりM42の細部は写っていると思います。もう少し彩度を強めて色を引き出すと印象ががらりと変わるのではないでしょうか。
やはりけんちゃさんのおっしゃるとおり、よい場所で撮るのが一番ですが、けんちゃさんのスタイルでアップ画像もいいと思いますよ。

投稿: 一番星 | 2010年12月13日 (月) 22時45分

でも自宅に居ながらにして大望遠鏡を操作出来る環境にあるのはとてもうらやましいです。うちは庭にすら設置できません。
明るい都市部からですとM1などの惑星状星雲なんかがいいのではないでしょうか。じっくり腰を据えて撮れるだけにいい作品になるような気がします。

投稿: まるひ | 2010年12月14日 (火) 00時00分

一番星さん
 アップといってもεですからね、同じですよ。まだSI6で強調しっぱなしですのでもう少し工夫をしてみようと思っています。背景の淡い部分を押さえればもう少しカブリは薄くなるし、欲張らずにトラペジウムを飛ばせばコントラストが上がるのですが。
試しにこの状態でデフォルトのマトリックス色彩補正をかけたらとんでもない色になりました。

投稿: けんちゃ | 2010年12月14日 (火) 00時09分

まるひさん
 まるひさんのM43を拝見したのが自宅でどの位引き出せるかなあと思った切っ掛けですよ。やっぱりまるひさんの足には敵わないことが分かりました。
 自宅からで贅沢を言っているのは自分でも分かっています。でもねえ、実際体力勝負ですね。運動と同じで撮影を続けていれば遠征にも出られるんでしょうが、出なくともそれなりの物が撮れるので寒さにかまけて出かけられませんでした。

 そうですね長焦点はカブリの影響が比較的少ないので、明るい惑星状星雲や球状星団、銀河を狙えば楽しめますね。みんなの広写野の写真を見ると撮りたくなるんです。要するに主体性が無いんですよ。こうやって真似をしていって対象を広げていきます。

投稿: けんちゃ | 2010年12月14日 (火) 00時19分

うーん、比較暗で消しきれませんでしたか。
M42周辺は明るい星雲から周囲の淡い部分まで人工衛星が横切っているので2つの画像の諧調を合わせるのが特に難しいですよね。
ステライメージでやらずにフォトショップのレイヤーでトーンカーブのクリッピングマスクを作って微調整した方が諧調が合いやすいかもしれませんね。
しかしスライディングルーフがかっこいいですね!
天文を趣味とする者の憧れの空間です。
ルーフからこれだけの星が見える環境も羨ましい限りです。
私もいつかきっと…。

投稿: T-Fix | 2010年12月16日 (木) 17時19分

T-Fixさん
 コメント有り難うございます。
人工衛星はもう少し丁寧に見ればSIでも完全に消せると思います。合成した後にレベルを上げて確認すればやり直しが出来たのですが、段階露出したレベルの低いのを見落としたと思います。

 フォトショップは本当に使い方を覚えないので、「クリッピングマスク」を知りません。あまりにも色を付けすぎたので又、弄ってみました。今度はフォトショップのクイックマスクを初めて使いました。それらしいところが選択出来たようなので他の方の写真を参考に色を重ねてみました。本当の塗り絵です。

 スライディングルーフは生涯の目標でした。子供達の手が離れて、増改築の機会に主な目標の一つに挙げて赤道儀と予算を組みました。もう少しローンが残っていますが繰り上げ返済すると言ったら、勘弁してくれと...金融機関が...世話になったからまあいいかと、地元だし。

投稿: けんちゃ | 2010年12月16日 (木) 17時53分

自宅に帰り画像処理用のモニターで強調画像を拝見しましたが人工衛星はほとんど消えてもう少しのようですね。頑張ってください。
クリッピングマスクはそのすぐ下のレイヤーにだけ効く調節レイヤーです。新規調節レイヤーを作る時「下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成」チェックボックスにチェックを入れると作れます。下のレイヤーにだけ効果があるので便利です。
再処理されたM42は色あいもいいし淡い部分も出ていてきれいですね!
クイックマスクで色を塗る代わりにマスクに元画像を反転させたものを貼りつけると同様の効果が出ませんでしょうか。
しかしこの横筋はなんでしょうね?たしか同一感度のフラットで消えるのは縦筋(短辺と平行)だった気がします。

スライディングルーフは本当に羨ましいです。私もいつまで遠征が出来るか分らないのでいつかはきっと作りたいです。
私の場合は銀行が貸してくれるかですね(^^ヾ

投稿: T-Fix | 2010年12月16日 (木) 23時10分

T-Fixさん
 この画像、今日は会社のマイパソコン(業務用)で練習していたんです。もう私の仕事は窓際ですのでほとんどありません。システムのお守りをしています。でコントラストが高く暗いので分かりづらいです。

 クリッピングマスクの説明を有り難うございました。何せ知らないくせに理解しないと使えないんですよ。アルファチャンネルの保存や呼び出しも出来たり出来なかったりの程度ですから。
 今日CS5のWEB上のマニュアルを見つけました。LearningCDは早すぎるし、CS3などの市販本を高いのに三冊も買ってきても、ほとんど理解していません。SI6も公式ガイドブックを買いました。それよりもアストロアーツのWEB上の説明の方がよく分かりました。

 今日も一日雪模様で強風が吹いています。今冬こそはPSを少しは使えるように勉強します。yottyanさんの解説を真似していきますが途中でコマンドが分からなくなります。どこか探せないんです。トホホな状態なんです。T-Fixさんがいろいろと思考錯誤されているのがとても参考になります。比較暗、比較明だってそうです。真剣にどちらの画像になるんだろうと?考えなくても出ている答えに悩んでしまうんです。演算みたいに絶対的な方向がないのに。HiHi←アマチュア無線で笑っているときに使います。

 T-Fixさんには銀行は要らんでしょう!HiHi

投稿: けんちゃ | 2010年12月16日 (木) 23時41分

見事に人工衛星が消えましたね。
現像から画像処理にやり方が有るのでしょうね。皆さんの難しそうなお話に付いていけませんでした。

退職記念(仕事は正社員から嘱託社員扱いに)に贅沢をすることにしました。
皆さんのようにBORGは買えないので、VixenED70SSを手配しました。私へのXmasプレゼントとして・・・。

届いたら、ブログに紹介しますね。CSが遠のきました。(笑)

投稿: DNQ | 2010年12月18日 (土) 16時55分

DNQさん
 コメントありがとうございます。
一枚一枚、もう少し丁寧に仕上げてみようと思います。露出時間を違えたグループごとに見直してみたのですがフラットのばらつきが有りました。人工衛星もうっすらと残ったコマも有ります。暫くは撮影が出来ない季節なのでPSの練習、習得も兼ねて処理し直しをします。

 これからは自分の時間を今まで以上に取れるようになりますね、関東は、IGなクリスマスプレゼントを使える夜も多いし楽しんでください。作品を楽しみにしています。

 土曜日は会社の忘年会でした。久しぶりにシンデレラみたいに時間を忘れてしまったら、日曜日も一日潰してしまいました。パソコンもさわれずに。

投稿: けんちゃ | 2010年12月20日 (月) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/38057299

この記事へのトラックバック一覧です: 光害カブリに負けたM42、M43とM45....光害と人工衛星を退治しました。:

« 黄砂に負けました M42、M43 | トップページ | 年末年始は忙しい »