« 103P | トップページ | 103Pと薔薇星雲 »

2010年11月 8日 (月)

枝折峠

夕方、枝折峠までドライブに行ってきました。

 雪が積もるまでには一度行って見たいと思っていました。
標高約1000m、浅草岳のネズモチ平よりも少々高いです。越後駒ヶ岳の登山口のひとつ、もう冬ごもりに入っていましたがトイレが設置されて、駐車場もいくらか広くなりました。
 赤道儀は積んでいたものの、防寒着やカメラを持って行かなかったので星空の撮影はしないで帰ってきました。もったいないような天候だったのに。

Img_3078siori_2

Img_3084siori_2

Img_3092siori

Img_3095siori

Img_3098siori

Img_3101siori

Img_3126siori

Img_3127siori

Img_3129siori


|

« 103P | トップページ | 103Pと薔薇星雲 »

撮影地」カテゴリの記事

コメント

すばらしい紅葉ですね。
枝折峠は昔よく行きました。まだ未舗装で、午前と午後で片側通行の時でした。また行きたいと思っているのですがなかなかチャンスがありません。
私は3時頃小出の道の駅にいましたのでニアミスしていたかもしれないですね。

投稿: まるひ | 2010年11月 8日 (月) 13時19分

まるひさん
 全線舗装になってから2度目です。それでもかなり昔の話で登山口は車がごったがえしていました。砂利道の頃は一方通行を良いことにして結構飛ばして楽しみました。

 登山口の駐車場は20台位は停められそう、南方向は一寸けられますが高さと暗さを利用して高い方向の天体撮影には良いですね。自宅を2時半位にでて入広瀬方面から入りました。2時間ほど掛かります。帰りは高速を使いました。6km位遠いです。140km位で走って20分しか短縮されませんでした。私の場合は下道が良さそう。
 3時頃はまだ栃尾付近、ちょっと遠かったですね。

投稿: けんちゃ | 2010年11月 8日 (月) 13時34分

枝折峠は、いいところですね。
私には、八海山登山の際に登山客のおじいさんに伺って、峠からなら越後駒ケ岳の日帰り登山もOKと聞いていました。
ところが、そのおじいさんペースで登り始めたら、(先頭きって)間違いなくマムシの大きめなやつに8匹ほど出会いました。
帰りに、地元の人が使う三国川ダム近くのワンコインのお風呂(露天)に立ち寄り、入ってた人に、中岳も越後駒ケ岳も同じだよ。って云われてから、私には越後一山となっています。
しっかりお酒の八海山は買ってきましたが・・・。

投稿: DNQ | 2010年11月 8日 (月) 17時00分

 八海山は三度登りました。最後はロープウェイで山頂駅からでした。越後一山ですか、私は越後二山です。中ノ岳は登ったことがありません。この山は八海山~中ノ岳~駒ヶ岳と縦走路みたいですね。
 駒ヶ岳登山は結婚式の20日前、5月4日に重たい無線機を担いで登りました。枝折峠からは標高差約1000m、私は駒ノ湯からですから1700m位かな、まだ積雪が3m位の春山でした。
 山登りは殆どしたことがないのですが、頼まれて山小屋の無線通信実験をすることになりました。地元の猟師がガイドで消防署職員が二人、消防署の待機室で仮眠し、4人で早朝から登り、山小屋をスコップで掘り出して中から発電機を取りだし、アンテナを建て(垂直アンテナです)ました。27Mhz帯の非常無線用でした。小出郷消防署と59+で通信できました。
 山小屋の中は氷でいっぱい、つららが天上から床まで、石筍の用でした。夕食後、ベッドにするべく氷を割って平らにしました。夜の8時は回っていたと思うのですが、扉を叩く音がするので開けたら山男が一人、縦走してきたと言うことでした。小屋が閉じていたらどうしたんでしょうね。私たちが初めて開けた小屋でしたから。

 翌朝の天候も快晴、雪が凍っていて足が全く沈みません。気をつけながら(アイゼンは持っていかなかった)の山頂からの眺めは筆舌には表せません。下山は雪の上を滑りながら銀山湖の方面に下りました。

 いやー、とっても良い体験をしました。なにしろガイド付き、公用車で送り迎え付きですから。後にも先にも駒ヶ岳はそれ一回。結婚式は雪焼けで真っ黒な顔に成ってしまい、永久保存版になりました。親族からは叱られましたが、好きなことは止められない。

投稿: けんちゃ | 2010年11月 8日 (月) 17時39分

こんばんは。
越後三山のそれぞれの山頂に立ちまちした。
中ノ岳は三国川ダムの出来る前に手前の部落の野中のバス亭からの登りました。標高差は1800mあります。6時間半でガスにおおわれた山頂に着きました。二十歳そこそこで体力があったのでしょうが、相当きつかったという記憶があります。駒ケ岳へ縦走するつもりでしたが、天気が悪いので山小屋で一泊してそのまま下りました。
最近はひざの状態が良くないので、三山縦走は夢で終わりそうです。
雪の付いた駒ケ岳の星風景も撮って見たいですが、少し遠いです。

投稿: skame | 2010年11月 8日 (月) 22時37分

こんにちは。ぼくも学生時代、GWにテント担いで一人で越後駒ヶ岳へ登ったことがあります。いい山ですよね。昨年夏、枝折峠で1度だけ天体撮影したことがあります。越後駒ヶ岳への登山道を200mも登ると見晴らしのいい高台へ出たので、そこで星野写真を撮りました。ポー赤のメリットですね、軽量機材。昨日も枝折峠へ行こうか、西会津へ行こうかさんざん迷ったあげく、西会津の奥川へ行ってきました。夜露がひどかったけど、特級の星空を堪能できました。

投稿: 佐藤俊彦 | 2010年11月 8日 (月) 22時54分

6枚目の写真、私のブログにある権現堂山が写っています。
みなさん、駒に登っているんですね。うらやましい。高校時代、部屋の窓から越後三山が一望できました。いつかはあそこに登りたいとずーっと思い続けてきましたが、かなわぬままこの年です。
山に登らない山好きの異名を取る私としては、せめて車で行ける範囲で眺めていることにします。

投稿: まるひ | 2010年11月 8日 (月) 23時41分

 さとうさんも登られたことがあるんですね。
撮影ポイントとして車でないと行けない所しかない私は登山道を登っていくことは考えられませんでした。ポタ赤が欲しいです。胎内星祭りで見たポタ赤は何時発売にこぎ着けるのでしょう。

 昨夜は三条の地上では水蒸気が多かったように思います。機材がしっとり、床のカーペットも裸足では上がれないくらい濡れていました。
 ポタ赤を持っていればきっと枝折峠を降りなかったかもしれない、それくらい良い天気でした。

 さとうさんの60Dの作例を楽しみに見ております。どんどん掲載して下さい。天ガの記事ではなかなか良さそうです。

投稿: けんちゃ | 2010年11月 8日 (月) 23時49分

まるひさん
 山に登らない「山好き」は私もそうです。近くの山に数回しか登ったことがありません。ただ、難儀して山頂に立ったときは素晴らしいことは数回でも分かりました。

投稿: けんちゃ | 2010年11月 8日 (月) 23時57分

skameさん
 中ノ岳を登られたことがあるんですね。私は全く知識がないので簡単には山登りできません。今まではベテランに連れてって貰ってばかりでした。
 星仲間と木曽駒ヶ岳へ登ったときの星空を女房に見せたくて、あとから二人で登りました。簡単に2700mまで登ってしまうので一時間ほど休憩してから山頂を目指しました。そこでビールを飲んだのがいけなかったのか、女房が高山病の症状を現して、もう暗かったので下山も出来ず、星空も見ず残念でした。

投稿: けんちゃ | 2010年11月 9日 (火) 00時20分

登山話で盛り上がっていますね。
一時期、山岳写真にあこがれていましたが、今は山麓写真ばかり写しています。
良い写真ばかりで、腕上げましたね。

そうそう、高い山でのアルコールは高山病にかかりやすくなります。経験済みで、凄い頭痛がして直りません。次の日高度を少し下げたら、いつの間にか直っていました。

投稿: へなちょこ親爺 | 2010年11月 9日 (火) 21時54分

へなちょこ親爺さん
 私は山を知らない、体力がない癖に高いところに憧れるんですよね! ○カなんでしょうねきっと。腕もなかなか上がりません。ISWさんに言わせると「あらかん」なんで。ああ、親爺さんもあらかんですね。

 枝折峠、どうしても行きたかったんですよ、前夜の飲み会が尾を引いて、朝まで彗星を狙っていて、不意に孫がやってきて、いろいろ理由を見つけてお昼まで寝ていた者ですから。

 アルコールと高山病には関係があるんですね。私も飲んだのですが、強いはずの女房が頭痛がすると言い出しました。高度を下げるのが一番の治療ですが山頂直下のテントサイトから暗闇では動けません。

 20時頃から強雨になりましたが22時過ぎに晴れ、星に手が届くくらい、ああー何とも言えん。

投稿: けんちゃ | 2010年11月10日 (水) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/37575132

この記事へのトラックバック一覧です: 枝折峠:

« 103P | トップページ | 103Pと薔薇星雲 »