« GPUSB故障 | トップページ | 半田付け歴50年 »

2010年10月24日 (日)

USB-RS232C変換アダプタ

 先日壊したUSB-RS232C変換を秋月電子の変換モジュールと交換して、MT3-SDI+のハンドコントローラの背中に納めました。これで外見ではUSBケーブルだけになりました。

 今回、分からないことが起こりました。
デスクトップで動作を確認しました。このモジュールはFTDI社のチップを使っています。普通にUSBに差し込んでCOM15と認識しました。TheSkyはLX200モードでCOM15に設定して無事動作を確認しました。それで遠征用のノートパソコンの環境で同じ事をしましたがTheSkyが応答しませんでした。
 ノートパソコンにはBluetoothをインストールしてあり何やら沢山のCOMポートが使われていましたがUSB-RS232C変換モジュールはCOM15で衝突していません。それでTheSkyも同じようにCOM15にしました。それで試しにCOM3に変更したら接続できました。各種パラメータは皆同じです。どうしてだろう?

 10月7日にテスト撮影に使用したとりぷるあいさん設計のLX200エミュレータを使用SP-DXのオートガイドが旨くいかなかった事の原因が分かりました。改造DMD-3の南北切り替えのスライドスイッチに触れるとRA軸の回転が不安定になりました。そこでスイッチの半田を盛り直しました。それだけで回転の不安定は直りました。古い無線機やアンプなども半田鏝を充てるだけで故障が直ることがありましたから。コントローラの半田を全てやり直せば良いのでしょうが億劫でとりあえずスイッチだけにしました。

Handcnt

|

« GPUSB故障 | トップページ | 半田付け歴50年 »

機材」カテゴリの記事

コメント

USB-RS232C変換アダプターの交換が終わりましたね。億劫がらずに、半田盛りはやっといたほうが、
トラブル回避になりませんか?

ところで、私の仕事の一つに補聴器がありますが、DSP使用のデジタル補聴器なので
パソコンが不可欠です。
今までWin2000を使用していましたが、おととい入れ替える事にしました。(WinXPです)
ノアリンクというBluetooth使用の接続機器があるのですが、COMポートはBluetoothなどに
割り当ててある分だけ、数字は大きくなるようです。

COMポートは接続先のパソコンが割り当てるようですね。Bluetooth機器のドライバ等が
Win7などではCOMポートと一緒に登録済みなのではないでしょうか? 
接続し終えて動作確認後、USBの差込の位置を変えると繋がらなくなります。(笑)

投稿: DNQ | 2010年10月25日 (月) 08時24分

 DNQさん、おはようございます。
半田の表面が酸化しているのが見えます。スイッチの接点も黒くなっています。スイッチの接触抵抗を計ると0.3~0.7Ω位有ります。オーディオアンプならノイズバリバリかも知れません。でもやっぱり億劫だなあ!

 DSPですか、私はDSP知りません。HFの受信機はDSP以前の古いやつしか持っていないので。
 補聴器といえば義母がシーメンスの耳道挿入型を使っていますが、新しい物(耳道の形に合わせる物)に替えたら返って悪いと言っていました。メーカーの方が貫通穴を塞いでくれました。低音が聞こえ無いのではないのかな。
 私は耳掛け式を薦めるのですが85歳になっても外見を気にしています。会話が途切れ、大声を出さずにはいられないので煩いです。

 Bluetoothはマウスに使っています。初めての利用だったのでおまかせインストールしました。...ラジオとか沢山のアプリケーションが有るようで、COMポートを削除しても又、ゾンビのように占拠されてしまいます。DELLのXPノートで、内蔵式も有るのですが高かったのでUSB式にしました。
 USBの挿入場所によってCOMポートが変わることは知っています。機器によっては変わらない物も有りました。それで繋ぎっぱなしが出来るようにパソコンごとアルミケースに入れたわけです。遠征に行って繋ぐのも撤収するのも簡単になりました。

投稿: けんちゃ | 2010年10月25日 (月) 09時02分

あぁ、アルミケースに収めたのはそう云う大事なポイントが有ったわけですね。
差し込む場所が変わったら、撮影どころじゃなくなります。原因究明でお仕舞ってことですものね。

私は、こう云う仕事をしているのに、ついぞ母には合わせてあげられませんでした。
義母、義姉には、合わせて使っていますが・・・。
貫通穴(ベント)を塞ぐとこもり感が出なければ良いですが、現在、片耳の使用なら
中度の聴力の場合(平均聴力が50~70db)両耳装用で、右左のそれぞれの音量を下げられますので、
ハウリングは抑えられると思います。

投稿: DNQ | 2010年10月25日 (月) 10時50分

 聴力の絶対値は知りませんがかなりの難聴です。それでも片方しか使っていません。ハウリングは良く起こしていました。穴を塞いでからウァンウァンとして良く聞こえないと言っています。
 それで店頭で色々と面倒を見ますよと、仰ってくれるのですがだんだんと行かなくなり、最近はお店をを変えたようです。なにせ強情なんですよ!

投稿: けんちゃ | 2010年10月25日 (月) 14時48分

けんちゃさん、ご無沙汰です。
USB-シリアルですが例えば以前(今は知らない)のELECOMですとUSBに挿す度にポートが変わっていました。
同じUSBの差込み口でも。
その点ARVELは問題がありません。
それとUSB機器は差込み口が変わる場合にインストールをしなければならないのがあったりしますので少し高くても良いのを使っています。
今はシリアル-USBは面倒なんで4xシリアルを1xUSB用の機器で対応しています。

投稿: メーテル | 2010年10月29日 (金) 10時38分

メーテルさん
 コメント有り難うございます。ご無沙汰しております。

 メーテルさんは誘導雷でやられたようですね。私は電源の不備で壊してしまいました。
 COMポート番号がUSBの違うコネクタに接続すると変わる事は様々な記事や経験で知っていました。同じ所に挿して変わった事はないです。もしかして別のコネクタに新しいUSB機器を挿した後に従前の機器を従前のコネクタに挿したとかで、挿した順に若い番号から振られたとか、は無いでしょうか?

 別のコネクタに挿すとドライバーの要求が必ず有りますが、システムルートやパスの通ったフォルダにドライバを置いておけば自動的にインストールされるので問題はありませんでした。

 アプリに因ってはCOMポート番号が1~3位しかなくて使い辛い物がありますが、そういうアプリを先に起動して若い番号を当てています。ARVELのは使ったことがありません。

 配線を簡単にするためにパソコンからのUSBケーブルを一本にして、ハブの接続で不安定な時にARVELのハブが良いと聞きました。でも電源をしっかりと供給してやれば良いことが分かりました。ただ1本で済まそうとすると帯域幅の不足で速度低下が起こっていやしないかと心配です。

 メーテルさんの接続図面にシリアル接続の分岐が有りますが、COMポート番号の問題は無いのでしょうか?

 それから
>今はシリアル-USBは面倒なんで4xシリアルを1xUSB用の機器で対応しています。
とはどんな物なのですか?

投稿: けんちゃ | 2010年10月29日 (金) 12時30分

私が書いたのはNJPからの位置情報をドーム連動機が勝手に盗んでいるので問題はありません。
ただ今回の誘導雷でやはりポートIC辺りがおかしいです、今修理依頼中です。

自分の型番を忘れていてドームにしかありませんが別にどれでも良いと思いますよ。
http://intersolutionmarketing.jp/store/products/detail.php?product_id=47

投稿: メーテル | 2010年10月29日 (金) 13時09分

メーテルさん
 情報を有り難うございました。詳細を見てきました。
これは見かけ、USBハブ+コンバータ×4の様に見えますね。ポート番号についても納得できました。

 古い工作機械2台にパソコンを一台繋いだとき、共用アプリがCOMポート一つで固定されていたので切り替え器を利用しました。そんなイメージが頭にありました。又、別の機械の時はPCIバス用のRS232C×2インターフェースカードを使用しました。その頃はUSBの機器を知りませんでした。

 私の環境は自宅はスライディングルーフにTEMMA2、移動用はMTS-3SDI+をそれぞれTheSkyで制御するために一つだけUSB-シリアル変換を使用しています。

 あと、野村さんのUSBフォーカサーを使用していますが、これもCOMポートを使用していて、ポートの変更が可能かどうか確認はしていませんが、何処に挿してもCOM7になって大変使い易いです。
 

投稿: けんちゃ | 2010年10月29日 (金) 13時56分

USBってアメリカ発では無かったかと思うのですがあちらの方で毛嫌いされる方が多いです。
robo-focusもそうですし、はっきりと使いたくないって聞いています。
気象データ収集でもまだシリアルが結構ありますのでどうしても使わざるを得ません。
ご紹介したのが自分のとは違っているのですが自分のはUSBが1差込でシリアルが4差込です。
ポート番号は決まっていますね。

投稿: メーテル | 2010年10月29日 (金) 18時13分

USBってLPレコードとCDのように感じます。
RS2**通信は信号レベルが高くてノイズに強く、工作機械や計測データの収集に長く使われてきました。今ではイーサネットに移行してきました。USBもUSB3になって実効スピードが2~3倍というデータも出ています。それでも低速で確実なRS232Cは使われ続けていくのでしょうね。

投稿: けんちゃ | 2010年10月29日 (金) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409140/37377168

この記事へのトラックバック一覧です: USB-RS232C変換アダプタ:

« GPUSB故障 | トップページ | 半田付け歴50年 »