« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の記事

2010年10月31日 (日)

アリガタ、アリミゾ

 自宅に赤道儀を据え付けて以来バランスプレートを自作しようと思いつつ今まで来てしまいました。が、ウェブサーフィンをしていて見つけました。石川町SFに出店した試作品だそうです。早速注文してしまいました。制作者は「重いよ」と仰っていましたが、常置場所で使うのでかまいません。しっかりとした造りで満足しています。

 横方向に大型を、FS102用にVIXENタイプダブルレバーのアリ溝の二つを購入しました。ε180ED用は胎内星祭りで購入したVIXENの大型の部品を改造して取り付けています。見た目には一寸貧相なので取り替えるかも。

 鏡筒を載せたままで横方向のバランスを取る事は現状では出来ませんでした。赤道儀の高度調整軸のように左右から押しネジでも付けないと行けないようです。

Arimizo_2


Vixen

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

半田付け歴50年

 しばらく半田付けの工作が続いています。
部品を半田付けしている時間よりも考えたり、眺めたり、図面を見たりする時間の方が長いので鏝先が直ぐに加熱し酸化して半田付けが出来ません。そのたびに半田鏝のプラグを抜いていました。
 
 そこで今更ですがトライアックを使った温度調節器を作りました。もちろん秋月電子のキットで。雷ガードのケースが丁度良かったので、雷ガードの基板の部品を外して重ねるように組み込みました。

Tyokouki


 今までも何か部品が必要になるとジャンク基板から外していました。今回は全部外さないといけないので「半田吸い取り器」を買って使ってみました。いやー便利ですねー、今までは半田吸い取り網を使っていました。スルーホール等、多層基板には無力でしたが、これは良いです。初めて使いました。もっと早くから使っていればと思いました。

Kyuin


 初めての半田付けは小学生の頃、ブリキ細工でした。ちりとりだったかな。銅で出来た大きな半田鏝を炭火に入れて、フラックスは塩酸に亜鉛を入れた物、これを塗って板半田を溶かして付けていました。

 プリント基板を弄くるようになった頃はもう、半田吸い取り器はあったと思いますが高価で買えなかったと思います。今、このような安価な吸い取り器を見て初めて買いました。メーカーは大洋電機...子供の頃使っていた半田鏝にもあったように記憶しています。息の長いメーカーですね。
 
 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

USB-RS232C変換アダプタ

 先日壊したUSB-RS232C変換を秋月電子の変換モジュールと交換して、MT3-SDI+のハンドコントローラの背中に納めました。これで外見ではUSBケーブルだけになりました。

 今回、分からないことが起こりました。
デスクトップで動作を確認しました。このモジュールはFTDI社のチップを使っています。普通にUSBに差し込んでCOM15と認識しました。TheSkyはLX200モードでCOM15に設定して無事動作を確認しました。それで遠征用のノートパソコンの環境で同じ事をしましたがTheSkyが応答しませんでした。
 ノートパソコンにはBluetoothをインストールしてあり何やら沢山のCOMポートが使われていましたがUSB-RS232C変換モジュールはCOM15で衝突していません。それでTheSkyも同じようにCOM15にしました。それで試しにCOM3に変更したら接続できました。各種パラメータは皆同じです。どうしてだろう?

 10月7日にテスト撮影に使用したとりぷるあいさん設計のLX200エミュレータを使用SP-DXのオートガイドが旨くいかなかった事の原因が分かりました。改造DMD-3の南北切り替えのスライドスイッチに触れるとRA軸の回転が不安定になりました。そこでスイッチの半田を盛り直しました。それだけで回転の不安定は直りました。古い無線機やアンプなども半田鏝を充てるだけで故障が直ることがありましたから。コントローラの半田を全てやり直せば良いのでしょうが億劫でとりあえずスイッチだけにしました。

Handcnt

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

GPUSB故障

 NJPの配線を接続したまま収納できるように箱に電源などを入れて整理していましたら、GPUSBが故障してしまいました。電圧計を入れて切り替えSWを付け、回したとき、USBの外部電源に12Vが印加されたようです。ロータリSWの端子が一瞬感、隣の端子とショートするようです。カチャカチャと切り替えているうちにいやな臭いがしてきて、そのうちにGPUSBを認識しなくなりました。USB-RS232C変換もお亡くなりになってしまいました。これは修理できません。弱った!!!

GPUSBは短絡したダイオードを取り替えたら生き返りました。ありがたい。

Gpusb


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

乗鞍

 今日は久しぶりに飛行機で名古屋に行ってきました。
あのあこがれだった撮影地の乗鞍岳畳平がよく見えました。
帰りは上空は晴れ、眼下は雲一面、水平になった北斗七星が綺麗に見えました。

Tsubasa_2

Norikura

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

103Pと一緒に撮ったM31

10月14日
103Pを撮った日、一緒に撮ったM31をようやく処理しました。ノーマルX3のノイズは大変です。冷却の有り難さを改めて実感しました。

M31 撮影地 魚沼市芋鞘

 SP-DX ガイド無し KissX3 ノーマル、Sigma100-300mm Zoom 300mmF4、ISO800RAW
2010/10/08 00:23~ 10分×4 ダーク引あり、フラット無し、SI6 マスク処理

M31

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

H-χと103P

10月7日

 ようやく晴れました。明日は稼働日ですが仲間と遠征に出かけてきました。
目的は改造中のSP-DXのオートガイド試験と、二重星団に接近中の103Pです。
SP-DXは部屋の中では旨く動いたのですが実践では思う様には動いてくれません。バックラッシュの大きさと改造コントローラの不具合。まだ調整の余地があるのでまた挑戦します。

 その結果、撮影はガイド無しで行いました。300mmでもパソコンで見る分には我慢できる程度のエラーに収まりました。コントローラが旨く改造出来なかったらガイド無しでいきます。もともとNJPのサブとしてお手軽撮影が目的だったので良しとしましょう。

 KissX3の現像はフォトショップやデジタルフォトプロフェッショナルで行った画像とステライメージ6で行った物では103Pの表現がまるで違いました。一番星さんが指摘されていらっしゃいましたが、自分で初めて比べてみました。他の画像も皆、そうなのでしょうか。

 ここにのせた103Pはステライメージ6で現像し初めて「選択マスク」を使ってみました。なにか塗り絵のような色になってしまいました。トーンカーブを工夫する必要があります。

 撮影地の芋鞘は昼間のロケハンはしてありましたが撮影は初めてでした。南側はかなり低空まで開けていて暗い、夜半になるとかなり真っ暗になります。自宅からの所要時間は1時間、場所は道路上での撮影で広くはありませんが、同じ魚沼市の大平よりも暗いので南の低空は積雪期以外はここで決まりの様です。

103p

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

彼岸花と秋桜

今日は日高市の巾着田に行ってきました。

金曜、土曜と月が出る前に晴れ間が出て103Pを撮るチャンスだったのですが、それを押して彼岸花を見に行ってきました。webの情報では丁度良い、天候も味方してくれました。
片道265km、行程のほとんどが高速道路ですから楽になりました。
彼岸花も秋桜も、皆異口同音にすばらしいと感嘆の声を上げていました。初めての私ももちろん、驚きの連続です。

天文ブロガー「電球さん」ともアイボールQSOが出来て楽しい1日になりました。
電球さん、有り難うございました。

春には桜と菜の花が楽しめそうですね、また出かけたいと思います。

Higanbana1_2

Higanbana2

Higanbana3

Higanbana5

Cosomos1

Cosomos2

Cosomos3

Cosomos4

Cosomos5

Cosomos6

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »