« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の記事

2009年11月27日 (金)

高演色蛍光管

11月27日

凡人の目にはその違いが分かりません。でも精神的に良さそうです。

 

| | コメント (5)

公開録画 天地人

11月26日

今夜はNHKの大河ドラマ、最終回を迎えた「天地人」のトーク&コンサートを聴いてきました。

抽選など当たったことがないのに幸運なことに入場整理券が当たりました。司会やドラマでナレーターなどをされた森本健成、磯野祐子アナウンサー。出演は作曲者の大島ミチル、脚本の小松江里子の各氏でした。前半の音楽は東京交響楽団、指揮:大友直人氏。

公開録画番組は2度目です。一度目は震災復興応援コンサートで、ニュース程度の扱いでした。今回は新潟県は12月4日金曜日19:30~総合テレビで、12月19日土曜日16時~全国放送の予定。

トークは楽しい話や裏話が聞けて楽しいものでした。音楽はすばらしいですが、録音の都合があるからなおさらかもしれませんが、左端のハープとピアノが右側から聞こえてきました。そのほかの楽器はやや中央に集中気味でしたが、だいたいその定位で聞こえてきました。

あと、楽曲の終わり、オーケストラの音がまだ聞こえていてその余韻があるうちから拍手が始まり指揮者が急いで向きを変えてお辞儀をしていることが残念でした。終わった後の無音が欲しかった。

 

| | コメント (4)

2009年11月23日 (月)

楽器の動物園.ウインドバンド長岡

11月23日

今日は娘が在籍しているアマチュアブラスバンドの演奏を聴いてきました。

定演は今回で9回目、地震で遅れたり復興記念演奏会があったり....

 

一歳半の孫を連れて行きましたが、大音響のなか、ぐずらないで眠りました。音の大きさは大きくても騒音と区別が付くのでしょう。

動物園0
動物園1

| | コメント (3)

2009年11月22日 (日)

ひるがの高原SA

11月22日

20日、21日と産業機械メーカーのプライベートショーを見てきました。二つの会場とも、この景気を反映して入場者数は半減しているとの主催者の話。今後の回復に希望を持って見てきました。

Mitsubishi
Komatsu

名古屋から富山へ東海北陸自動車道を通りました。途中ひるがの高原サービスエリヤで休憩、天体写真の撮影地として名前を見たことがあります。大変見晴らしが良くて、アクセスが楽でうらやましい。

10年程前に国道156号線で峠を越え、北陸道へ乗り帰宅したことがありました。大変難儀をした記憶があります。

ひるがのSA
ひるがの高原SA

| | コメント (2)

2009年11月19日 (木)

hueyきたー

11月18日

hueyが届きました。キャリブレーターとしては激安です。EIZOのTV兼モニタがあまりにも醜いのでマニュアルで調整していました。X-riteの製品なのでだめもとでもとの思いで購入してみました。

ゲーマー向けのギラついた画面がすっきり、中間の輝度でマゼンタよりだったのがかなりすっきりしました。それにしても安くて使えるものが手に入ってご機嫌です。NANAOにメールをして何か方法を乞いましたがつれない返事、最近のNANAOの対応について良くない書き込みを見かけましたが、本当でした。

| | コメント (3)

2009年11月17日 (火)

ふたつのコンサート

11月16日

星空が望めない天候が続いています。そんな中コンサートに行ってきました。ひとつはリュートピアで「チェコ国立ブルノ.フィルハーモニー管弦楽団。新世界の全曲でした。TVで全曲を観たことは有りましたが、生で全曲は初めてでした。聴いたことがある曲は楽しんで聴かれてすばらしかったです。音楽も良かったですが楽章の間の無音、これも良かった。風邪が流行るなか、咳の音も聞こえず、恐ろしいくらいの静けさ、自分の耳鳴り(かなりひどくなってきました)だけが聞こえていました。

もうひとつは三条市中央公民館で栃尾市(現長岡市)出身の佐野央子さんのコントラバスのソロ演奏、ほかピアノ五重奏など、コントラバスのソロは大変珍しいと本人がしきりに言っていました。ここでも「シューベルトのます」全曲でした。なじみが薄い楽章が続きましたが第四楽章、ようやく耳に馴染んだ音楽が聞こえてきました。

この日は会場に入るまで快晴の絶好の撮影日和で、後ろ髪が引かれる中、聴いていました。500人ほどの小さな普段着の演奏会、佐野さんの楽しいお喋りもあり楽しんで会場を出ると空はベタぐもり、いっっそう楽しかった思いがこみ上げてきました。

それにしても晴れないねーえ。

 

| | コメント (4)

2009年11月 1日 (日)

デジタルテレビ

10月31日

私の部屋用に地上、BS,CSテレビジョンを買いました。今まで自室にTVを置いたことは有りませんでした。

パソコンのディスプレィとして10万も越えるような品はとても買えませんでしたが、テレビということになると少しは気が休まります。あこがれの「EIZO」のテレビです。当然モニターとして使うことが目的でした。FX2431TV、この製品の主たる使い方はゲームやムービーなどのようです。パネルはVA、仕方が無いですね。それでもEIZOですから、少しは期待したのですがデフォルトでは天体写真の処理には使えないほどコントラストが強く、黒くて眩しくて見ていられません。

格闘すること一週間、モニターのカラー調整とVGAカードのソフトウェア調整で何とか見られるようになりました。でもちょっと不安定です。正しいカラーマッチングの方法や結果を知らないので我流の、私好みの色に仕上がりました。

| | コメント (2)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »