« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の記事

2009年9月23日 (水)

網状星雲の再処理

9月23日

20日夜、唯一写真になった網状星雲をまだいじくっていました。PhotoShopno使い方がまだ理解できないのでステライメージ6のみです。

だいぶ写野中心が外れてしまいました。Sigma100-300zoom/F4 300mm/F4の写野を確認するためにトリミングしませんでした。レンズの適正としてはまずまずと思います。

 

マスクを用いたベガによるフォーカス像。300mm/F4位だと手動での合わせも容易に出来そうです。(等倍像)

| | コメント (1)

ゆっくりと

9月23日

22日の午後、短い時間だったけれど、ゆっくりと時間を過ごしました。

水原の瓢湖、菓子店のしょこら亭、五十嵐邸ガーデンで遅い昼食。

阿賀野川に架かるながーい鉄橋...車窓から

 

 

 

 

 

 

のんびりと瓢湖畔で.....バンドの音響で五月蝿かった。

孫と同じくらいの親子連れが散歩をしていて、話しかけてきました。私にとっては珍しいこと。物騒な世相はここにはなかった。

 

湖沼の水が綺麗になった気がしました。白鳥がスーっと泳いでいく。

 

 

 

 

お菓子は食べてしまったので写真はない。

タウン誌に紹介されているので客層は若いカップルとおばさんたち、おじさんは居なくて、ついて歩くおじいさん。 

五十嵐邸00五十嵐邸01五十嵐邸04

入り口は地ビール屋さん、蛇の目傘はビヤガーデン様か?

五十嵐邸02
五十嵐邸03
五十嵐邸07

 

私には難しい被写体

 

 

 

コンデジISO100の固定にしていたことに気がつかずブレが出てしまいました。

 

 

 

 このような庭が欲しい...

五十嵐邸06
五十嵐邸05

 

披露宴が行われていました。

五十嵐邸08五十嵐邸09五十嵐邸10

土蔵の中にパン屋さん。かわいい姉ちゃん3人に撮影の許可を貰って撮りましたが、暗くてシャッターブレで写真になりませんでした。フラッシュを焚きたくなかったのでマニュアルに。コンデジも使いこなせません。

| | コメント (5)

2009年9月21日 (月)

良い星空だったのに...

9月21日

久しぶりの遠征撮影をしてきました。二分大平地区へ。

250RCとSTVとシグマの100-300/F4ズーム。結果的に失敗に終わりました。ガイド端子の接触不良、作ったときには認識した居ったのですが、すっかり忘れていました。300mmのガイドにRCのオフアキを使ったこと、久しぶりのSTVで操作を忘れたこと。そうこうしている内に目指す螺旋星雲は西に傾きかけ、RCのオフアキでガイド星を見つけられなかったこと。イライラして赤道儀を片付けたこと。などなど。

赤道儀から望遠鏡を降ろしてカメラレンズだけでガイドなし撮影が出来たのに、片付けてから気がつきました。結局何とか形になったのは最初に撮った網状星雲だけ。それも南中過ぎてしまいました。

網状星雲 Sigma100-300/F4 300/F4 kissDX冷却-6℃ ISO800 2009/09/20 22:45~ 30分1枚 SI6 NJP/MTS-3SDI+仕様 ガイド鏡/250RC-STV/オフアキ

撮影は失敗しましたが、久しぶりにコーヒーを飲んだり、ラーメンを食べたり楽しい撮影会になりました。

| | コメント (6)

2009年9月18日 (金)

PHD Guiding 1.10.10a

9月17日

昨夜は雲が5分~10分おきにやってくるも久しぶりの星空でガイド鏡 BORG77mmにレデューサー代わりにAC3とAC2を重ねてBORG7522の内側に取り付けて視野を拡げ、SPC900NCで何等星まで使えるか試してみました。焦点距離が何mmになったかは計算を知らなくてできないのですが、視野はほぼ2倍くらい広くなりました。

ガイド星グラフパラメータ

PHD Guidingのhelp Use Tool and Utilities の一文です。

In the lower-left of the graph, an "oscilliation index" is shown. This is the result of calculating (in the current window's worth of data), the odds that the current RA move is in the opposite direction as the last RA move. If you are too aggressive in your guiding and over-shooting the mark each time, this number will head towards 1.0. If you were perfect and not over- or under-shooting and your mount had no periodic error, the score would be 0.5. Perfect with periodic error and the score may be closer to 0.3. If this score gets very low (e.g., 0.1), you may want to increase the RA aggressiveness (and/or decrease the hysteresis). If it gets quite high (e.g., 0.8), you may want to decrease the RA aggressiveness (and/or increase the hysteresis).

ブラウザの翻訳で読んでみるとグラフに表示されるOsc-Index の最適値は0.5、0.5より大きい値ならばRA Agressivenessを小さくするかHysteresisを大きくしなさい。0.5より小さい値ならその逆にしなさい。っと読み取りました。はたして結果はどうなるか。

PacMman Nebula

MT200 レデューサーF4.8 EM500 PHDGuiding BORG77 レデュサー(AC2+AC3) SPC900NC kissDX冷却改造(冷却をしなかった) ISO1600 RAW 260秒 1枚 SI6で処理

| | コメント (1)

2009年9月15日 (火)

晴れないなあー

9月15日

今日、USAから小包が届きました。あまりにも晴れないので憂さ晴らしにポチッとしたら1週間で届きました。

ディーラーが○○光器となっていたので心配しましたが直販してくれました。

過去数回、小額の部品ばかりポチりましたが、いずれも、このように速く届くと癖になりそうです。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »