« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の記事

2009年5月28日 (木)

今、やっと日曜日の出来事

5月28日

24日日曜日の午後から「上松美香と奥村 愛」ドリームコンサートで、りゅーとぴあに行ってきました。上松美香さんのアルパ(スペイン語やイタリア語でハープのこと、美香さんのはパラグアイハープ)。自分で作曲した作品が主で聴いたことがない曲でした。女房が興味があると言うので付いていきましたが、ピアノの西村由紀江風に感じました。

奥村 愛さんのバイオリンはなじみのある曲で助かりました。番外の(アンコールではなく)チャルダッシュはとってもバイオリンの音色が美しく聴けました。

 

終演後は大急ぎで帰宅し、5年ぶり、還暦を迎えた同級会に出席してきました。会費を節約するための幹事さんの気配りで日曜泊まりの宴会になりましたが、60はまだまだ働かないといけないようで人数は少なめでした。

月曜の朝、友人が国上寺へ行きたいというので来るまで送っていきました。その帰りに雲を被った弥彦山スカイラインを走ってきました。さすがに月曜の朝9時では人が居ません。車2台にすれ違ったきり、それでも山頂駐車場のレストランは開店していました。

野積側から登り途中のパラグライダー基地?から南を望んでみました。ガスが濃くてハッキリしませんがωを望めるかも知れないと。

CS3でマージの練習です。コンデジオートの写真で露出が違ってもなかなか良くできますね。風景写真ならなんにもしなくて良いです。

| | コメント (0)

2009年5月23日 (土)

X3で初撮り

5月23日

kissX3で窓の外を撮ってみました。ライブビューもマニュアル撮影には便利です。液晶画面も店頭で見てきたときよりも美しく、星を撮るときに回折光を使い、10倍で確認すればピンぼけは避けられると思いました。

Zenitar-k2.8/16
Kit-18
Kit

ZENITAR-K2.8/16 16mm 

ライブビューでピント合わせ

 

キットレンズで18mm フルオート簡単撮影モード

 

 

キットレンズで夜の室内 40mm フルオート簡単撮影モード

| | コメント (0)

2009年5月22日 (金)

ピント合わせグッズを購入

5月22日

ピント合わせようにkissX3を導入いたしました。カメラレンズでの星景写真ならノーマルでも良いかな?

改造DNや冷却DXとフランジバックの誤差がどのくらい有るか興味が沸きます。もっともパソコンで撮影するときはパソコン画面でピントが確認できるので、スタンドアローンの時、威力を発揮してくれるでしょう。

 

| | コメント (11)

STV オフアクシスガイド

5月21日

夕べは貴重な晴れ間なので自宅でガイドの練習をしました。空はナイター照明とコンビニの照明、企業の広告塔のライトアップ、パチンコ店の照明がまだある内から始めました。少し水蒸気があるととたんに空が白くなります。天の川も見えません。

天頂付近のM101で始めて1時間2枚と40分1枚、24時を回っていくらか空が暗くなってきてM57を10分2枚、20分一枚を撮って止めました。ガイドはほぼ成功でした。

機材は、EM500 TEMM2、ASTROSIB250RC、三ツ星の初期型のオフアキシスガイダー、STVです。オフアキはピントを得るためにいろいろと買い足しました。新品を買ったほうが良かったかも。古い物を捨てられずにいます。ST4もまだ挑戦しなきゃ。

オフアキのガイド星は鮫の歯のようになりますが、それでもSTVはガイドをしてくれました。どなたかのサイトで見たのですがSTVを斜めに取り付けています。かなり星が丸くなります。ピントを外した前後は一の字みたいな星像ですが。

M101-bn
M57
M57pix

今日はフラットを撮影して処理を続ける予定でした。撮影データはネットワークディスクに保存し、カメラのメモリには保存していません。それで...フラットを作製して、DPPで開いている不要なファイルを削除しました。ああー、なぜかフォルダーごと無くなってしまいました。ネットワーク上ではゴミ箱は使えない、(どこかで可能?と読んだことがある)

とういわけでソースごとお亡くなりました。

これはフラットしょりをする前の写真です。まあ、一時間のガイドが問題なく出来ることが分かっただけでも収穫でした。

M101は子午線を挟んでいますがほとんど影響はありませんでした。こんどはNJP MTS-3SDI+ ASTROSIB250RC オフアキ で遠征に挑戦です。でももう梅雨ですね。

 

M57ピクセル等倍

| | コメント (3)

2009年5月17日 (日)

STV初ガイド

5月16日

昨夜、中古のSTVで初ガイド撮影しました。対象はM104、250RC、オフアキではガイド星を見つけられなくて見事に失敗、月が昇ってくるのでM13で再挑戦しました。くさび状のガイド星でもしっかりとガイドしてくれました。ガイド鏡との二刀流がよいかも。

| | コメント (1)

2009年5月16日 (土)

ケンタウルス座のリベンジ

5月16日

13日の夜、ケンタウルスAとΩ星団のリベンジに行ってきました。ロケーションは新潟県ではなかなかの所と思います。豪雪地帯で雪解けが遅く、通行止めの札はあるけれど雪解けを待って早くから行かないと光害を避けられません。深夜になると素晴らしい星空が広がります。

Omeg-800Cent-a-800

2009/05/13 21:27~、ε-180ED、kissDX改、ISO800RAW、5分×4枚、NJP MTS-3SDI+コントローラ、BORG77、SPC900NC、PHDGuiding

MTS-3SDI+コントローラとNJP、パソコンとのインターフェースをST-4に合わせて端子を改造しました。100均のケースに手でしこしこ穴を開けて、体裁は悪いけれど実用になりました。

このコントローラ、私のNJPでは少しだけ導入速度を落としたけれど、ガイドは調子がよい、何が良いかと言えば、子午線越えても自動反転しないこと。最初は知らなくてK-astecさんに問い合わせたけれど、無くて最高。親亀子亀式なので2時間程の余裕があります。

導入にはTheSkyを使っていますが、赤道儀の極軸を合わせれば、どこでもアライメント。簡単です。

Mts-kai1Mts-kai2

 撮影風景です。

| | コメント (1)

2009年5月15日 (金)

甘い物好き

5月15日

昨日の午後、突然、隼がやってきました。自らの涙を蒸留した液体と、甘い物好きを見透かして写真のような物(中身は食べてしまったので栞だけ)を携えて。

隼の涙おこじゅ

懐かしく、楽しいひとときをありがとう。

| | コメント (1)

2009年5月 6日 (水)

撮影地を求めて

5月6日

5月4日。...28日に道院への途中で撮影したオメガ星団、撮影に向かうはずだった二分_大平地区へ雪の様子を見に行ってきました。

以前にも紹介した所ですが、冬期間通行止めの柵の脇を通過していってみたら代掻きの真っ最中、道路脇の崖には残雪はあるものの全く支障が無い状態でした。先日、安全を図って行く先を変更したことが悔やまれました。

次は峠を越えてハーブ香園へ。園内には入りませんでした。付近の林道からの眺め、北側は山です。

さらに東進して田小屋地区の林道から。

足を伸ばして浅草岳ネズモチ平駐車場へ~、こちらは洞窟温泉より先に通行止めのバリケード。エコミュージアムすら行けませんでした。

まだカタクリが咲いていました。美人林もどきも、満開の山桜。

KatakuriBijinSakuraDoukutu

| | コメント (3)

シャープ処理

5月6日

一日の月にカリカリな程シャープ処理をしてみました。

IMG_032-mem24IMG_0324-psIMG_0324dpp-sp

| | コメント (0)

男の節句

5月6日

3日、外孫の初節句と、4日満一歳の誕生祝いで、お呼ばれしてきました。2日の夜は星空でしたが、睡眠不足では体がもたないので我慢しました。

将来、自宅の星空観望台を託すことが出来る可能性を思いながら祝い酒を飲んできました。

| | コメント (1)

2009年5月 2日 (土)

28日のつづき

イプシロンで撮る対象ではないけれど、鏡筒を交換するのが煩わしくてそのまま撮影。

M4とM22

M4M22

M22には思い出があり、中学生の時初めて買った望遠鏡、アストロの6㎝ アクロマート F20という恐ろしく長い、いかにも望遠鏡、月と惑星しか見えない。そんな望遠鏡で目盛環頼りに導入した天体がM22でした。真っ暗な背景にボーっとした青白い塊、何となく星粒が見えたか見えなかったか憶えていない。赤道儀は手で追尾しなければ直ぐに見えなくなる、そのうえ長ーいフレキシブルハンドルで廻すが揺れて揺れて良く見えなかった、が青白い塊の魅力が球状星団を好きになったきっかけでした。

| | コメント (0)

2009年5月 1日 (金)

SIGMA ZOOM 300mmの月

5月1日

オークションで買ったSIGMA ZOOM 100-300mm F4 で月を撮ってみました。画像処理はCanon DPPでいきなりJPEGに変換しました。ピクセル等倍にトリミングしてあります。

撮影スタイルです。ピントはオートから手動で微調整、パソコンで確認します。

 

 

| | コメント (4)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »