« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の記事

2007年10月30日 (火)

紅葉狩り

10月28日

久しぶりに紅葉狩りに行ってきた。場所は妙高高原、苗名滝だ。30年前(また30年、まだ一人の時)、夏の暑い日に二人で行ったことがある。まだ世間にはあまり知られていない滝で難儀して歩いた覚えがあるが、今は、近くまで舗装路を車で行けるし、土産店、飲食店、トイレ等が整い、すっかり観光地になっていた。もっとも最近NHKの番組でも報道されていたので観光客でごった返していた。

苗名滝1苗名滝2苗名滝3

 

10月29日

きのうは紅葉狩りでなんにも工作をしなかったが、今日、レーザーコリメータにスケールを付けて一応の完成となった。反射光がみえる。

| | コメント (4)

2007年10月27日 (土)

今日の工作

10月27日

その1:LASER  collimator

国際光器のコリメータアイピースと、古いレーザーポインタを使ってレーザーコリメータを作った。ジャンクのアイピースや使途不明のアダプタなどを活用して旋盤、タップ加工してポインタの光軸も合わせられるように3本の押しねじを付けた。支点は絞り部分を丁度良い大きさの穴加工して済ませた。

 

その2:MT200用アリガタの取り付け

胎内星祭りで買ってきたビクセンのアリガタをMT200の鏡筒バンドに取り付け、EM500に載せ替えられるようにした。ミラーの再メッキも済んで光軸合わせもしたので、ようやく使えるようになった。

 

その3:Qcam for Noteboks Proの改造

これは数日前に作った物だが感度はどんなかな? Guidemasterのテストに I氏から借りていたToucamの代わり成るかどうかまだ分からない。

 

移動して撮影するための準備はまだまだ終わらない。電源周りの自作したDCコンやその他の電源取り出し口のまとめなど、終わらないうちに雪の季節がやってきそうだ。

| | コメント (0)

GPUSB

10月27日

初めての輸入品、GPUSB。PAYPALに登録してShoestring Astronomyにメールで注文しておよそ10日間。送料込みで$71、発送したとのメールを貰ってから一週間で届いた。

Guidemasterの自作のパラレルインターフェースでオートガイドは成功したが、ノートパソコンの能力に不安があり、新しく安いノートを探したが見つからない。仕方がないので保険の意味でUSBを購入した次第。

 

ε-180EDの光軸を再調整

笠井トレーディングのレーザーコリメータホログラフィックタイプをS氏からお借りして再調整してみた。

主鏡のセンターマーク無しでも、大きく狂っている状態からは簡単に調整が終わる。そのあとセンタリングアイピースなど目視で確認するとまだ調整不足な感じ。老眼のため十字線と斜鏡のセンターマークが見えない。昼間の明るい空に向けてやっと見える状態。目のピントの範囲になるようにセンタリングアイピースを長くしないといけない。

ε-180EDのカメラ回転装置はテーパになっているのかな? 緩めて回転した後そのまま締め付けると光軸が狂ったままの様である。カメラを軸方向に押しつけながら締め付けると大丈夫だ。

再メッキしたMT200も同様に組み付けた。

 

| | コメント (0)

バーストした17P/Holmes彗星

10月27日

25日TVのニュース画面で見た彗星のイメージは異様に感じられた。青緑色で尾を引くのが彗星のイメージだった。

 

| | コメント (0)

2007年10月21日 (日)

スポンジカット

10月21日

Kiss-DNのミラー受けのスポンジを切り取った。ε-180で空の暗い所で撮った写真はフラットで容易に修正できたが光害が多い自宅で撮った物の修正は難しかった。今までF8やF5.9の時は良かったがさすがにF2.8だとミラーの陰が醜い。

| | コメント (0)

2007年10月20日 (土)

パーツ売り場とBunin

 10月20日

今日はスーパーダイエーが無くなってから始めて電子パーツ店を探して歩いた。人づてに聞いてはいたがなかなか見つけられなかった。高速代、往復1,600円を払って買ってきた物はこれだけ。

 

夜は、スタニスラフ ブーニンのピアノを聴きに行ってきた。ここ加茂市で世界の名ピアニストの演奏を聴くことは滅多にないだろう。今回の日本のツアーはここが振り出し、名古屋、札幌、仙台、大阪、金沢、東京、相模原で終わり。生はいい。

| | コメント (0)

εの光軸

10月19日

ε 180EDのピントが合わずガイドが流れるのでセンタリングアイピースで覘いたら斜鏡の中心点が大きくづれていた。引きねじを指で回したら軽く動いた。そのために取り扱いで動いたのだろう。

それにしてももう少し強く締めておいても良いのではないか、タカハシさん。

 

昼間の明るい空の下で斜鏡を回転しただけでかなり良くなった。

  10月18日22:47~ kissDN(SEO) ISO800 RAW 180sec×3枚 SI5

| | コメント (0)

2007年10月14日 (日)

ピンぼけ作品

10月14日

夜半から素晴らしい空になり、Guidemasterの練習をした。借り物のToucamは外して、ロジクールのQCAMをガムテープで留めてやってみた。感度は同じくらいかな。67mm F1400mm さすがに暗い。馬頭星雲と、ばら星雲を撮ったがどうにかイメージシフトのみでガイド星は見つかった。

ガイド鏡のガイドは上手くいっているように見えたがさすがにガムテープでは流れてしまった。今日、Cマウントアダプターの取り付け加工をした。

ぴんぼけ対策にピントゲージを取り付けた。MEF-3の取り付け板が撓んでつまみを回しても戻りが出るのでもっと強化しないといけない。

 

| | コメント (0)

2007年10月13日 (土)

EOS-kissDNとUSBの直流電源

 

10月13日

今夜は道院駐車場で練習する予定だったが雲行きが怪しいので電源を仕上げた。

秋月電子のDC-DC可変電圧電源KIT

入力電圧次第だが5V~24Vまで可変。12Vを入力してカメラ用の7.4Vを確認した。

KITが旨くできたのでDCコンのモジュールを2ヶ購入して、USBハブに5V供給とEOS-kissDNの7.4V(可変仕様)を作った。

これでDC-ACインバータは不要になった。少しは電線のスパゲティ状態を緩和出来たか。

 

 

 

| | コメント (0)

2007年10月 8日 (月)

もっと青く

| | コメント (0)

ガイドBOX初稼働

10月8日

作製中のインターフェースとPHDGuidingのテスト撮影に道院キャンプ場に行ってきた。

まだ震災復旧工事中のため閉じられていて街灯も全くない。透明度が良いと長岡市の光害の影響も少なく、北側から南東は全くない。

インターフェイスは簡単なパラレルとした。gentaさんと同じ物だ。ソフトはGuidemasterを使った。最初はNGC7293を狙ったが、稲垣さんからお借りしたTOUCAMではガイド星が見つからない。言われるように感度が足りない。

光害が無い中でLPS-V3を入れたままピント出しをしたので外すと又、ピント出しに時間が取られるのでつけたままM45の撮影に入る。

M45 ε-180ED Kiss-DN(SEO/LPS-V3) ISO800RAW-900SEC 2007/10/7 23:12~6枚 SI5で処理 NJP-SS2000PC Guidemaster+Toucamでガイド

| | コメント (0)

2007年10月 6日 (土)

PHDGuiding用リレーボックス

10月8日

やっと箱に入れて完成しました。ブレッドボード上でデスクトップパソコンのパラレル出力は直ぐにも動作したんですが、実戦用のノートパソコンから動作しなくて難儀しました。デスクトップのポートはECP、ノートはAUTO、IOアドレスなど同じだったので悩んだ末gentaさんのアドバイスでBIOSを見てみました。マニュアル設定でECPを選んで動作しました。gentaさん、ありがとう。

SS2000PCとST4の端子を出しました。

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »